愛犬健康.com

犬のアレルギー(アトピー)性皮膚炎の原因と予防

アレルギーとは、免疫システムが、通常は異物と認識しないものに対して、過剰に反応するために起こります。

今回はその犬の病気の一つである「アレルギー性皮膚炎」についてお話しします。

アレルギー皮膚炎について

アトピー性皮膚炎とは

アレルゲンを吸い込むことで皮膚炎を起こす病気です。

アレルゲンは身の回りから発生する

一般にアレルゲンは普段の生活環境に存在します。スギ花粉は花粉症のアレルゲンとして有名ですが、これまでも過去にスギ花粉を吸ってきたはずなのに、ある年(ある日)突然発症するのが特徴です。犬のアレルゲンとして一般的なものはハウスダスト(ほこり)、ダニ、カビ、動物性蛋白(卵、牛乳、豚肉、鶏肉、牛肉など)、動物のフケ、小麦、花粉などです。

症状

強いかゆみが起こるため、犬は前足でしきりに体をひっかいたり、口でなめたりします。そのため、フケが増え、被毛が抜けたり、皮膚が傷ついたり、ただれます。よくみられるのは、顔(特に耳や目のまわり)や、関節の内側、、四肢のつけ根などです。

多くは、生後1~3年の間に発症します。花粉やダニの多い春から秋にかけてなど、特定の季節に症状が起こる場合と、季節に関係なく起こる場合とがあります。季節性の場合も、進行すると一年中症状が起こるようになります。

原因

アレルゲンを口や鼻から吸い込むと、免疫グロブリンという物質がつくられます。免疫グロブリンは皮膚と反応して、炎症を起こす物質を大量につくるために、症状があらわれます。

また、アトピー性皮膚炎の多くは、遺伝的な素因が関与しています。

治療方法

副腎皮質ホルモン(ステロイド系抗炎症薬)や抗ヒスタミン薬で、炎症やかゆみを改善します。また、アレルゲンを吸引しないよう、アレルギーテストでアレルゲンを特定し、できるだけ排除することも重要です。

ダニやほこりなら、犬のいる場所の周囲を掃除します。花粉なら、庭などにある原因植物を除去します。

アレルギー検査の方法

アトピー性皮膚炎の検査方法は、4つの方法があります。

①AIge抗体検査

血液を3mlほど採取して、アレルギー反応をおこす血液中の抗体を検出する方法です。一度に複数のアレルゲンを調べることができるので、意義の大きい検査です。特にアトピー性皮膚炎の診断には欠かせませんが、食事性アレルギーの場合に抗体が検出されにくいことと、費用が高額なのが欠点です。

②B血中好酸球数測定

白血球のひとつである好酸球は、アレルギー反応をおこしているときに増加します。これは自己分泌ステロイドホルモンが低下している状態です。好酸球の数はアレルギー反応の程度や治療の効果を判定するための指標になります。

③甲状腺ホルモン(T4)

アレルギーの動物は、甲状腺ホルモンの低下が併発している場合が多く、アレルギーを悪化させ、治りにくくしています。その場合には、不足しているホルモンを内服薬で補うことで、治療効果が大きくなります。

④皮膚検査

アトピー性皮膚炎には細菌や真菌感染、ダニの感染が併発しているケースが多く、これらが治療を複雑にしています。これらのコントロールなしにアトピー治療の成功はありません。定期的な検査が重要です。

アトピー性皮膚炎は犬もつらい

アトピー性皮膚炎になってしまいますと、毛が抜けるまで掻いたり、舐めたりし、かゆみを抑えようとします。そのかゆみなどを抑えるためにも、早期発見をし、専門医に診てもらいましょう。