愛犬健康.com

犬のノミアレルギー性皮膚炎の原因と治療

アレルギーは食べ物だけではありません。もちろん、寄生虫など虫に対しても発症するケースがあります。

今回は犬の病気の一つである「ノミアレルギー性皮膚炎」についてお話しします。

自然による皮膚の病気

犬の身体は被毛に覆われてむれやすくなっています。

また、ほかの犬と接触したり、草木の間を駆け回ったりすることから、寄生虫や細菌、カビなどによる皮膚病が起きやすくなります。真菌などは、人間に感染することもあるので注意が必要です。

ノミアレルギー性皮膚炎について

ノミアレルギー性皮膚炎とは

身体に寄生したノミのアレルギーによって、皮膚に炎症が起きる病気です。

症状

皮膚にかゆみがあったり、赤い発疹がみられたり、脱毛を起こします。ノミの寄生数が多いと、猛烈なかゆみがあり、犬は身体をしきにかきます。特に耳の後ろから背中、腰にかけて症状が出ます。尻尾や、外陰部、肛門のまわりに、症状がみられることもあります。

原因

寄生するノミのほとんどが、ネコノミと呼ばれる、体調1~2mmのノミです。このノミそのものではなく、ノミが犬の血を吸うときに出る唾液に対して、アレルギー反応が起こります。

治療方法

アレルギーの原因になっているノミを駆除します。皮膚に駆虫薬を垂らす滴下剤や、噴霧するスプレー剤、ノミ取り首輪などの薬剤を用います。そのほか、ノミの卵や幼生がつきやすい、畳やじゅうたんをこまめに掃除します。また、ぬいぐるみやタオルも洗い、清潔にしましょう。

ノミは、皮膚炎を起こすだけでなく、寄生虫の感染源になったり、人を刺したりします。繁殖しないよう予防することが大切です。

予防方法

ノミアレルギー性皮膚炎は、ノミの予防・駆除薬を定期的に投与することで、かなり予防することができます。また、予防・駆除薬は、犬の代表にいるノミの成虫を退治するだけでなく、ノミの孫や孵化した幼虫、サナギにも効果のあるものを選ぶようにすると、周囲環境の中の幼虫やサナギを減らすことができます。

予防・駆除薬には有効期間があるため、定期的に投与して効果が途切れないようにすることが大切です。

アレルギーに強い身体を

アレルギーは、免疫の異常で発症する病気ですが、犬の身体が弱いと症状が悪化することもあります。身体的にもアレルギーにも強い身体作りをしてあげましょう。

身体作りに、最適な方法は「食餌」です。人間食や市販のドッグフードを与えている飼い主の方は、食餌を見直しましょう。おすすめなのは、獣医師がすすめるドッグフードです。獣医師がすすめるドッグフードは、栄養価が高く、食物アレルゲンが少ないため、愛犬の健康を維持できます。なので、獣医師がすすめるドッグフードに変え、愛犬の健康状態の維持に努めることをすすめます。