愛犬健康.com

犬の膿皮症の原因と治療

犬は自然を好む生き物のため、草むらなどを走ったり、土に顔をこすりつけたりします。そういった行為により、寄生虫などに感染する可能性があり、皮膚病を患ってしまいます。

今回はその皮膚病の一つである「膿皮症」についてお話しします。

膿皮症について

膿皮症とは

皮膚にいる常在菌が異常に繁殖する皮膚病です。犬には大変よくみられる皮膚病ともいわれています。

症状

最初は皮膚の表面に赤い発疹がみえる程度ですが、徐々に広がり、やがて中心が真っ黒になります。かゆみが強く、身体をかくため、激しい脱毛が起きます。進行すると、皮膚が膿み、悪臭や痛み、発熱がみられることもあります。

初期の段階では毛の根元の毛包だけに菌が増え、皮膚の正面に小さな赤い発疹が生じます。病気が進行すると、病変部が丸く広がり、中心部の色素が集まって黒くなりあたかもウシの目のようになります。この皮膚病はかゆみが強いため、犬がひっきりなしに舐めたり掻いたりして体の広い部分から毛が抜け驚くことがあります。

膿皮症は夏におこりやすく、病状が進むと病巣が皮膚の深部におよび、患部が腫れあがったり、酷い痛みが生じたりします。

原因

犬の皮膚には、普段から多くの最近が付着しています。身体が弱ったり、慢性の皮膚病や加齢で抵抗力が低下したりすると、細菌が異常繁殖し、皮膚が化膿します。

たいてい黄色ブドウ球菌が繁殖しますが、進行した場合、緑膿菌など、悪性度の高い細菌が繁殖することもあります。

膿皮症の種類

表面性膿皮症

表面性膿皮症とは、表皮の最上部にある角質層に発生した膿皮症のことです。

表在性膿皮症

表在性膿皮症とは、毛包とそれに連なる表皮に発生した膿皮症のことです。

深在性膿皮症

深在性膿皮症とは、毛包全体、真皮、皮下組織に発生した膿皮症のことです。

治療方法

犬用シャンプーで皮膚を洗い、抗生物質(抗菌薬)を内服または、塗布します。もともと皮膚病があり、二次的に膿皮症起こした場合、原因の病気治療が重要です。

ただ薬は進行は止めるかもしれませんが、薬で治るわけではありません。むしろその薬があだとなって悪化する場合も少なくないのです。

症状を抑える方法は

症状を抑える最適な方法が、肉体的に強くすることです。肉体的に強くなれば、免疫力が高まり、発症しても症状を抑えることができます。

肉体作りに最適な方法は、「食餌」を変えることです。人間食や市販のドッグフードを与えている方は、肉体的に強くするのは難しいでしょう。獣医師がすすめているドッグフードなら、栄養価が高く、余計なものが入っていないため、簡単に肉体強化ができます。愛犬のためにも、先述したドッグフードに変えてみてはいかがでしょうか。