愛犬健康.com

犬の皮膚糸状菌症の原因と治療

犬の皮膚病には様々な種類があります。寄生虫が原因ものや、細菌やウイルスが原因で発症するなどがあります。

今回はその皮膚病の一つである「皮膚糸状菌症」についてお話しします。

皮膚糸状菌症について

症状

皮膚糸状菌症に感染すると、動物はその部分の毛が円形に抜けてしまいます。そして、範囲が徐々に広がっていきます。患部の付近の毛はつまむと簡単に抜けてしまうと言われており、毛が抜けてしまった部分とそうでない部分の境目ははっきりしています。耳や顔、四肢の一部にできることが多いようで、周りにフケやかさぶたがが見られるようになってきます。

犬や猫、ウサギを介して人間にも感染する人獣共通感染症の一つと言われており、感染した動物を抱いたり触ったりすることで感染してしまいます。人間に感染した場合の症状は、皮膚に皮膚糸状菌症が付着してしまうと、その部分には赤みが出てきて、場合によっては水ぶくれができてしまう場合もあります。

比較的、皮膚の層の中でも浅い部分での増殖によって発症するようです。もちろん、人間の場合も動物と同じで患部は円形になります。そして、発症について特筆すべきところは、人間に感染した場合、感染した部位によって呼び名が変わるというところです。皮膚糸状菌症と言うよりも、白癬菌が原因というから考えてもわかるように、患部にはかゆみを伴いただれが現れる場合もあり、体中の様々な部分に感染するので厄介な菌だと言えるでしょう。

原因

人間の水虫の原因である白癬金に近い、犬小胞子菌や、石膏状小胞子菌などの真菌に感染し皮膚炎を起こします。感染し皮膚炎を起こします。感染した犬や猫から、うつります。子犬や、毛のはえかわる時期に発症することが多くなっています。

原因となる真菌は、人間にも感染し、タムシのような皮膚炎を起こします。

治療方法

原因のカビは、症状のある部位だけでなく、周囲に広がっており、感染源となる胞子をまき散らしています。

そこで、まずは全身の被毛を刈り取り、身体全体を治療します。カビを殺す薬による薬による薬浴をおこない、真菌を殺す塗り薬を塗布します。同様の効果のある内服薬も飲ませます。完治には2~3ヶ月ほどかかります。症状がおさまっても、獣医師の指示にしたがい、治療を続けましょう。

同居している犬や猫がいれば感染の有無を確認しておきましょう。

予防方法

湿った環境は発生しやすいので、環境を整えましょう。

皮膚糸状菌症は毛やフケでうつることもあるので、部屋の掃除をこまめにし、皮膚の確認を定期的に行いましょう。

皮膚糸状菌症は人にも感染する

皮膚糸状菌症は放置していると、他の動物や、人間にも感染する恐い皮膚病です。

なので、早期発見が犬のためにも、飼い主のためにもなるでしょう。少しでも怪しいところを発見した場合は、皮膚糸状菌症ではないとしても、専門医に診てもらいましょう。