愛犬健康.com

犬の内分泌性皮膚炎の原因と治療

人間にホルモンが存在するように、動物にもホルモンが存在します。そのホルモンの異常により、なんらかの病気を発症するケースがあります。

今回はそのホルモンの異常で発症する「内分泌性皮膚炎」についてお話しします。

内分泌性皮膚炎について

内分泌性皮膚炎とは

体内で分泌されるホルモンの分泌量の異常などが起こる病気です。

症状

春や秋の換毛期でもないのに、毛が抜けたり、抜けやすくなったりします。地肌が見えれば見えるほど、激しい脱毛もあります。

どのホルモンの分泌異常かによって、脱毛する部位はさまざまです。たとえば、性ホルモンの分泌異常の場合は、生殖器や肛門の周囲の毛が抜けます。

副腎皮質ホルモンや成長ホルモンの異常では、胴体から脱毛します。この場合、頭部と四肢の毛は抜けません。初期ならかゆみもありません。

脱毛に気づいたら、脱毛している場所でだけでなく、抜け方もチェックするのが重要です。身体の左右対象に抜けるといった特徴的な抜け方をしている場合には、ホルモンが影響している可能性が高いといえます。また、ホルモンは全身に影響を与えるため、尿の量が増える、動作が不活発になるなど、皮膚以外にも症状があらわれることがあります。

原因

被毛が周期的に抜けかわるのは、毛の成長にかかわる毛包が、周期的に活発になったり、休止したりするためです。ホルモン分泌量が増えたり減ったりはすると、この毛包が休止状態のままになるため、毛が抜けやすくなります。

具体的には、甲状腺ホルモンの分泌量が減る、副腎皮質ホルモンの分泌量が増える、性ホルモンの分泌量が多すぎる、または少なすぎる、成長ホルモンの分泌量が減るときなどに皮膚炎が起きます。

よく見られるのは、甲状腺ホルモンの異常と、副腎皮質ホルモンの異常です。

治療方法

分泌の異常が疑われるホルモンを補充したり、ホルモンの働きを抑制する薬を用います。治療効果があらわれるまで、数ヶ月はかかります。ホルモン薬は副作用があるので、犬の様子をよく観察しながら、注意深く治療を続けます。

ホルモンバランスを整える食餌を

ホルモンバランスを整えるためにも、まず気をつかうところは、「食餌」です。人間食や市販のドッグフードを与えている方は、ホルモンバランスを崩してしまう恐れがあります。ホルモンバランスが整えれる食餌は、獣医師がすすめるドッグフードがおすすめです。獣医師がすすめるドッグフードは、栄養価が高く、余計なものが入っていないため、ホルモンバランスを整えるには最適です。

愛犬のためにも、先述したドッグフードに変えてあげるのも、一つの手段ともいえます。