愛犬健康.com

犬のジステンパーの原因と治療

犬の生活環境には、さまざまなウイルスや細菌であふれています。ほとんどが、無害なものですが、中には身体に影響を与えてしまうモノもあります。

今回はそのウイルスによる病気の一つである「ジステンパー」についてお話しします。

ジステンパーについて

ジステンパーとは

感染力が強く、死亡率が高い病気です。1歳未満の子犬は特に注意が必要な病気です。

症状

最初は、軽い発熱や食欲不振程度です。そのまま治ることもありますが、体力の低下した犬では、高熱、食欲低下、嘔吐、下痢、鼻水、せき、くしゃみなどが見られます。進行すると興奮、てんかん発作、身体の一部がぴくぴく動くけいれんのようなチック症など、神経症状もあらわれたりします。

原因

感染している犬の目やにや鼻水、唾液、尿、便などに接触して感染(接触感染)したり、その犬の咳やくしゃみで空中に飛散したウイルスを吸いこんだりして感染(空気感染)します。とくに1歳未満(生後2〜6ヵ月齢)の子犬で、まだワクチンを接種していない場合や、ワクチン接種を適切には済ませていない場合の発症が多く見られます。また、高齢や他の病気で免疫力が低下している場合などにも発症することがあります。

治療方法

ほかの犬に伝染する危険性があるので、基本的には入院治療になります。ウイルスに対する薬はなく、症状へ対療法を行います。免疫が低下しないように保温につとめ、必要ならビタミン補給などを行います。なので、予防接種を受けておくことが大切です。

ジステンパーは後遺症が残る可能性がある病気

ジステンバーは治療しても、重症だった場合、失明や神経症状、歯のエナメル質形成不全が後遺症として残る可能性があります。また、肺炎を併発して、命を落とすなどの症例もあります。発症してしまった場合、すぐに獣医師に診てもらい、治療を専念しましょう。

自然治癒で悪化を防ぐ

ジステンパーは自然治癒力があれば、悪化せずに完治が可能な病気です。そのためにも、日々の食餌が大切です。

おすすめな食餌は、獣医師がすすめるドッグフードです。栄養価が高く吸収率が良いので、自然治癒力も高まります。また、整腸作用により、悪性物質を排泄し便がスムーズになり、体内環境がキレイになります。必然的に毛並みや毛づやがキレイになります。

上記のことを考慮しつつ、愛犬のための「食餌」を考えてあげましょう。