愛犬健康.com

犬のパルボウイルス症の原因と治療

動物が生活している環境には、さまざまなウイルスや細菌が存在します。そのウイルスや細菌のほとんどが無害ですが、中には、動物の身体に影響が与え、感染症状を引き起こす可能性があります。

今回はそのウイルスによる病気の一つである「パルボウイルス症」についてお話しします。

パルボウイルス症について

パルボウイルス症とは

イヌパルボウイルスに腸が侵される、最悪の場合は子犬なら1~3日で死亡、成犬でも25%の確率で死に至る病気です。

症状

2~5日の潜伏期間後、突然、激しく嘔吐し、その後下痢も加わります。食欲が低下し、元気がなくなり、血液が混じった、ケチャップのような悪臭のする便になります。脱水状態になり、ショック状態を起こすこともあります。心筋(心臓の筋肉)に炎症を起こすタイプもあり、心不全を引き起こし、急死することもあります。また、妊娠中のメスに感染すると、流産や死産するケースが多いです。

原因

感染犬の便や嘔吐物を介し、経口感染します。多くは腸にすみつき、腸炎を引き起こします。ウイルスが心筋にすみつくと、心筋炎を起こします。

治療方法

パルボウイルスに対する有効な薬剤がないため、隔離入院します。脱水症状に対処し、整腸薬などを与え、保温と安静を施します。また、二次感染を防ぐために、抗生物質(抗菌薬)を投与します。嘔吐するので。絶食させ、3~5日生存できれば、多くは回復していきますが、子犬の場合は死亡する確率が高くなります。パルボウイルスはワクチン接種で予防ができます。

パルボウイルス症は早期治療をしてあげましょう

パルボウイルス症に感染すると、高い確率で死に至る可能性があるので、症状が見られた場合は、すぐに獣医師に診てもらいましょう。犬は異物だろうが口にしてしまう傾向があるので、飼い主の方は散歩中などに、犬が誤って口にしないように注意しましょう。