愛犬健康.com

犬のコロナウイルス感染症の原因と治療

地球上には、さまざまなウイルスや細菌があり、その中で動物は生活しています。ほとんどが無害ですが、中には感染すると、身体を蝕む病原菌もあります。

今回はそのウイルスによる病気の一つである「コロナウイルス感染症」についてお話しします。

コロナウイルス感染症について

コロナウイルス感染症とは

イヌコロナウイルスがおもに腸内で増殖して起こります。子犬が感染すると腸炎を起こして、死に至る可能性があります。

症状

多くは、突然に症状がはじまります。元気がなくなり、下痢と嘔吐があらわれ、下痢はオレンジ色で悪臭が強く、徐々にゆるくなっていきます。多くは回復しますが、下痢と嘔吐による脱水症状で死亡するケースもあります。また、重症化すると、免疫力が低下し、他の感染症を引き起こし、死亡率が高くなります。

原因

イヌコロナウイルスは感染力が強く、集団でいると、嘔吐物や便を介してすべての犬に感染します。とくに犬は、なんでも口にしてしまう傾向があるので、感染した犬の便を誤って口に入れてしまい、経口感染するのが原因といわれています。

治療方法

コロナウイルスに対する有効な薬がないため、支持療法を行います。脱水症状を起こしている場合は、輸液などを行い、安静と保温を心掛けて、体力の回復するのを待ちます。体力の低下、免疫力の低下により、二次感染を引き起こす可能性があるため、抗生物質(抗菌薬)を投与することもあります。また、コロナウイルスに対するワクチン接種で予防ができます。

コロナウイルス感染症はワクチン接種で予防を

コロナウイルス感染症は、そんなに多く見られる病気ではないですが、発症すると厄介な病気です。なので、子犬時代からのワクチン接種をおすすめします。もし、上記のような症状が見られた場合は、すぐに獣医師に診てもらい、感染拡大を防ぎましょう。