愛犬健康.com

犬の犬ヘルペス感染症の原因と治療

空気中には、さまざまなウイルスや細菌があふれています。動物はそのウイルスや細菌がある地球上で生活しているので、切りたくても切れない関係でしょう。

今回はそのウイルスによる病気の一つである「犬ヘルペス感染症」についてお話しします。

犬ヘルペス感染症について

犬ヘルペス感染症とは

誕生したばかりの子犬がかかり、臓器が障害を受け死に至る感染症です。成犬には無害な病気です。

症状

感染すると、腎臓、肺、肝臓などの臓器が壊死してしまいます。生後1~2週間目から、緑がかかった下痢便を排泄するようになり、母乳を飲まなくなります。嘔吐や、呼吸困難の症状も見られます。同腹で生まれた兄弟姉妹がみな同様の症状になり、やがて神経が侵されて、間もなく死亡します。発症していると、死亡するまで、子犬は鳴き続けます。また、母犬の胎盤に感染している場合があり、胎盤感染した子犬はそのまま体内の命を落としているケースもあります。

原因

胎子のときに母犬から感染するほか、出産時に産道から感染したり、母犬の口や鼻からの分泌物から感染したりします。つまり、母犬が犬ヘルペス感染症に感染しているケースがほとんどなのです。

治療方法

発症してしまうと、救命は困難です。生まれた子犬のうち1匹だけ発症している場合は、感染を防ぐためにすぐにその子犬を隔離し、ほかの子犬を保育器に入れるなどして、命を救えることもあります。

犬ヘルペス感染症は繁殖に注意してください

犬ヘルペス感染症に感染している母犬から生まれる子犬は、高い確率で死に至ります。なので、子犬の注意も必要ですが、その前に母犬が感染しているか獣医師に診てもらいましょう。もし、感染しているなら、すぐに治療しましょう。

感染しないような身体づくり

感染する原因は、免疫力が低いからです。つまり、免疫力が高ければ、その分感染を防ぐことができます。

免疫力を向上させる方法として最適なのは、良質な食餌を与えることです。その中でもおすすめなのは、獣医師がすすめるドッグフードです。栄養価が高く吸収率が良いので、免疫力が向上します。また整腸作用により、悪性物質を排泄し便がスムーズになるので、体内環境がキレイになります。そうなると、自然と毛並みや毛づやがキレイになります。

上記のことを考慮しつつ、愛犬のための「食餌」を与えるようにしましょう。