愛犬健康.com

犬の分離不安の原因と治療

犬は人間と同様に「心」を持っています。なので、トラブル、病気、ケガなどが原因により、心の病を発症する可能性があります。

今回はその犬の心の病の一つである「分離不安」についてお話しします。

分離不安について

分離不安とは

飼い主の方と離れると極度の不安と恐怖を感じ、大人しく留守番ができない心の病です。

症状

  • 飼い主の方が出かけようとすると吠える
  • 独りにされると吠え続ける
  • 独りにされるとふるえる
  • 独りにされると呼吸が荒くなる
  • 留守番中に家具を壊す、ものを噛む
  • 留守番中に粗相をする

などの行動がみられます。

また、独りになると身体をなめ続け、やがて脱毛になるなどの自傷行為もしたりします。

分離不安の特徴は、飼い主の方と一緒にいるときは、なんら問題行動がみられない、よく甘える人なつっこい愛犬が、留守番だけ異常行動を起こすことにあります。

ただし、留守場中にこれらの行為がみられるからといって、早急に分離不安だと判断してはいけません。家族がいなくなると時間帯に、家の外でなんらかの音がするなどの刺激があり、それに対して犬が不安して暴れている可能性もあるからです。

分離不安の症状かどうか確認するには、留守番中の様子をビデオで録画する方法が有効です。家族がいない間、家の内外の様子や犬の様子が確認ができます。

原因

分離不安の原因は、愛犬の飼い主の方に対する過度の依存です。

飼い主の方に依存している愛犬は、独りにされることに過度の不安と恐怖を抱き、心のバランスを崩します。そのため、家族の留守中に、恐怖心を紛らわす目的で、破壊行動や排泄行動を行うのです。

愛犬の飼い主の方への依存は、飼い主の方が甘やかしすぎることによって生まれます。飼い主の方が愛犬を可愛がりすぎて、いつも愛犬を一緒にいたり、しつけをせずに甘やかしていると、犬は精神的な独り立ちができなくなってしまいます。特に愛情欲求が強い小型犬に、この傾向が強くあります。

分離不安は現代社会の室内犬に増えている病気です。その裏には、飼い主の方の愛犬に対する依存も隠れています。飼い主の方の度の過ぎた溺愛が、分離不安の愛犬をつくります。

治療

分離不安を治療する際に留意したいのは、決して叱らないことです。留守中の行為から後から叱られても、犬は何を怒られているのか分からず、効果がありません。留守番に対してさらに恐怖感を抱くだけで、逆効果です。

分離不安を治すには、少しずつ愛犬を独りでいることに慣らします。まずは、家の中に家族にいるときにも、愛犬を独りにする時間を作ります。サークル(犬小屋)に愛犬を入れ、家族は自然に過ごす方法がよいでしょう。犬が吠えるなどして訴えても、無視することが大切です。犬が吠えるのを止めたら、声をかけて遊んであげます。

また、留守番の練習も効果的な治療法です。愛犬の目の前で外出の支度をし、声をかけずに外出します。ドアを閉め、最初は30秒ほどで愛犬のそばに戻りましょう。次に1分、5分と、少しずつ独りにする時間を長くしていきます。

愛犬が吠えるようなら、サークルに入れ、玩具などを与えても良いでしょう。誤飲事故を起こさないよう、玩具は口に入りきらないサイズのものを選びます。

分離不安の症状が起きるのは、留守番の最初の30分といわれています。30分独りで待てるようになったら、数時間の留守番にも耐えられます。

実際に外出するときには、ラジオやテレビなど、人の声がするものをつけて出かけると、愛犬の寂しさを緩和することができます。

気をつけたいのは、外出前の飼い主の方の振る舞い方です。外出前に犬に構う習慣がついていると、愛犬は飼い主の方が出かけた途端、強い不安を感じます。外出する15分前くらいから犬を無視し、気づかれないようにそっと外出しましょう。そのかわり、帰宅した際には、たっぷりと遊んであげましょう。

心を鬼にして治療を行いましょう

外出する際に、愛犬が吠えたりしてると、飼い主の方も心が痛いと思います。しかし、愛犬のためにも、心を鬼して治療を行いましょう。上記の治療は、愛犬だけでなく、飼い主の方にとっても依存心を失くすという、大切な意味があります。ストレスがないように、飼い主の方と愛犬のペースで行いましょう。