愛犬健康.com

犬の肥満が招く病気

犬も人間と同様に、肥満、心臓病、関節の病気、歯周病、腫瘍(ガン)、糖尿病などの生活習慣病があります。

今回はその生活習慣病の一つである肥満が招く病気についてお話しします。

肥満とは

必要カロリー以上のカロリーを多量に摂取してしまい、その余ったカロリーが体内に蓄積して、通常よりも脂肪が多くなりすぎている状態のことをいいます。

その多くの原因が、飼い主の方の過度なカロリーや食餌を与えていることです。また、運動不足が原因で、カロリー消費が少なくなり肥満になる可能性もあります。

緊急手術が必要なのに、肥満が原因で麻酔に効果が見られず、手術が困難になるケースもあります。

肥満が招く病気

犬にとっても肥満は万病のもとになります。肥満が関係して発症する病気は、最悪の場合、命にかかわる可能性があります。

その肥満による病気を順にそって、説明していきます。

①椎間板ヘルニア(ついかんばん)

かかりやすい犬種としては、ダックスフンドがよく知られていますが、その他の犬種でも注意が必要です。肥満によって椎間板への負担が大きくなると、発症しやすくなる要因の一つです。

②関節炎

体重の増加によって、関節にかかる負担も増えます。その結果、股関節のトラブルや、関節炎を生じる危険性が高まります。

③糖尿病

原因はさまざまですが、内臓脂肪が多くなるような生活習慣は発症の引き金の一因になります。

④膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)

小型犬に多く発症する病気です。体重が増えることで、後ろ脚にも負荷がかかるため、いわゆる膝のお皿がはずれやすい状態になります。

⑤気管虚脱

短頭種など、生まれつき気管が細い犬種では、脂肪が増えることで気管が圧迫されます。呼吸困難などの症状も出やすくなり、危険です。

⑥心臓病

小型犬は心臓弁膜症(しんぞうべんまくしょう)の発生リスクが高いため、肥満状態は心臓に負担をかけてしまいます。

肥満予防は食餌から

肥満予防するには、まず食餌からがおすすめです。人間食をあげている方は、止めてドッグフードに変えましょう。犬にとって人間食はカロリーが高いため、必要以上にカロリーを摂取してしまいます。ドッグフードの中でも、獣医師がすすめるドッグフードがおすすめです。添加物や無駄なカロリーが入っていないため、愛犬の健康体を維持できます。飼い主の方は、愛犬の肥満予防のためにも、食餌を考えなおしてあげましょう。