愛犬健康.com

犬の目の症状で考えられる病気

犬は人間と同様で、病気を発症すると、身体の部位になんらかの症状が出たりします。飼い主の方は、その症状に応じた対応をしなければなりません。

今回はその部位の一つである「目」の症状で考えられる病気についてお話しします。

目やにや涙が出る

目やには、角膜や結膜からの分泌物、細菌、目に入ったほこりなどから出てきています。涙は、目を乾燥から守り、目に入った異物を洗い流しています。目やにの多くは涙で流れますが、乾燥して目元に付着することもあります。

少量の目やにが目元に付着したり、一時的に涙が流れたりしている程度であれば問題ありません。

しかし、目やにや涙が過剰に出ている場合は、まつげやほこりなどの異物が目に入って傷がついたり、炎症を起こっていたりすることが考えられます。とくみられるのは、角膜炎うあ結膜炎です。結膜炎の場合は、まぶたが腫れていることがあります。

まぶたが内側、または外側にめくれている場合は、眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)、または眼瞼外反症(がんけんがいはんしょう)が疑われます。また、涙器の異常で涙が大量に出ることも考えられます。黄緑色に目やに出る場合は、細菌に感染している可能性があります。

目やにや涙の異常から考えられる病気

目やにや涙の異常から考えられる代表的な病気を下図に紹介するので、参考にしてください。

[table “7” not found /]

目の色がおかしい

目が赤くなることはよくあります。どの部分が赤くなっているか、目や目のまわり、まぶたの裏まで確認する必要があります。「白目や下まぶたの裏が赤い」「角膜が赤い」「黒目が白い」「目が黄色い」などの目の色の異変は、目の病気だけではありません。目が黄色く見えたら、肝臓の病気も疑えます。

目の色の異常から考えられる病気

目の色の異常から考えられる代表的な病気を下図に紹介するので、参考にしてください。

[table “8” not found /]

目が飛び出して見える

目が飛び出して見える、目がいつもより大きく見えるといった異常がみられることがあります。病気や、事故、犬同士のケンカなどによって異常が起こっている可能性があります。目が緑色をしていたり、眼球自体が大きくなっていたら、緑内障が疑われます。

また、シー・ズーやペキニーズ、パグ、ブルドッグなどは、特に脱出しやすい犬種です。もともと目が露出しているため、ちょっとした衝撃や興奮でも目が飛び出すことがあります。なので、犬同士のケンカや、ものにぶつかるなどの事故には十分注意しましょう。また、飼い主の方が強く頭をたたいても、眼球が脱出してしまうことがあるので、注意が必要です。

目の飛び出しの異常から考えられる病気

目の飛び出しの異常から考えられる代表的な病気を下図に紹介するので、参考にしてください。

[table “9” not found /]

早期発見がポイント

飼い主の方の早期発見によって、発症する前の状態に戻すことができます。つまり、発見が遅れれば遅れるほど、危険度が増し、後遺症が残る可能性が高まるということです。飼い主の方は、愛犬の健康体を維持するためにも、定期的な観察を行ってください。