愛犬健康.com

犬の鼻の異常から考えられる病気

犬も人間と同様に、病気に発症すると、身体のどこかの部位になんらかの異常があらわれたりします。飼い主の方は、病気を早期発見するためにも、それらの異常に敏感にならなければなりません。

今回はその身体の部位の一つである鼻の異常から考えられる病気についてお話しします。

鼻血が出る

鼻血が出ている場合、原因が鼻腔にある場合と、それ以外の場合が考えられます。鼻腔に原因がある場合として考えられるのは、事故や、ほかの犬とのケンカなどです。鼻の打撲などの外傷にとって出血するものです。

少量の鼻血であれば、安静にしていれば、収まることがほとんどです。しかし、少量の出血が続いている場合には、鼻腔に腫瘍ができている可能性があります。

鼻腔以外の病気では、中毒や感染症、血小板減小症(けっしょうばんげんしょうしょう)などが考えられます。鼻に限らず、全身で出血しやすくなっている可能性があります。だらだらと出血が続いていたり、一度止まってもまた出血するということを繰り返ししたりします。

犬はめったに鼻血を出しません。なかなか出血が止まらない場合や、大量の出血がある場合は、獣医師に診てもらいましょう。

鼻血が出ているからといって脱脂綿やティッシュ。綿棒などを家庭で無理に入れてはいけません。犬の鼻腔の入り口はとても小さくなっています。詰め物をすると、かえって出血がひどくなったり、呼吸ができなかなったりする恐れがあるからです。

鼻血の異常から考えられる病気

鼻血の異常から考えられる代表的な病気を下図に紹介するので、参考にしてください。

[table “10” not found /]

鼻水が出る

鼻水は、異物が入ったときや、急激な温度変化などの刺激を受けたときに起こります。

犬は鼻水が出ていても、自分でなめてしまいます。そのため、鼻水が出ていても、飼い主の方は気がつかないことが、よくあります。犬が鼻をしきりになめていたり、いつもよりも鼻が濡れていると感じたりした、鼻水が出ていることを疑いましょう。

サラサラしている場合は、異物が入ったり、細菌やウイルスに感染している可能性があります。感染症の場合には、熱を伴い、進行すると、膿を含んだ鼻水になります。

透明で粘り気があり、鼻の下がふくらんでいる場合は、鼻腔腫瘍が疑われます。

粘り気があり膿んでいる場合は、感染症や副鼻腔炎、歯周病の可能性があります。さらに、せきを伴うのであれば、気管支炎や肺炎などの感染症の場合も考えられます。

また、パグやシー・ズーなどの短頭種は、その鼻の構造から、鼻水が出やすくなっています。その犬種の鼻の穴が狭くなったと感じた場合には、鼻腔狭窄症(びくうきょうさくしょう)という先天性の病気である可能性があります。運動後などに、酸素が不十分になり、酸欠状態になってしまうこともあります。

鼻水の異常から考えられる病気

鼻水の異常から考えられる代表的な病気を下図に紹介するので、参考にしてください。

[table “11” not found /]

異常がみられたら早期治療を

上記のような鼻の異常が見られた場合は、すぐに治療してあげましょう。発症前の健康状態に戻すには、早期発見がポイントになります。なので、飼い主の方は、定期的に愛犬の観察を行い、異常がないか確認しましょう。