愛犬健康.com

スーパーなどにあるドッグフードは良いのか?

ドッグフードは手に入りやすくなり、スーパーなどにも置いています。

しかし、スーパーなどにあるドッグフードは良いのか?

今回はスーパーなどにあるドッグフードについてお話しします。

スーパーなどにあるドッグフードの危険性

スーパーなどにあるドッグフードには危険物が含まれているケースが多くあります。人工添加物や犬にとって有害な原材料を使用しているからです。そのため、与え続けると、愛犬の身体に影響が出てしまい、なんらかの病気や老化促進など、健康をおびやかす可能性があります。

利益を追求する企業にとっては、かさ増しや、品質向上、嗜好性を高めるためにも必要な要素なのです。しかし、愛犬にとっては、何も良いことがないので、できればスーパーなどにあるドッグフードを与えることは避けたほうがいいでしょう。

スーパーなどにあるドッグフードの添加物

スーパーなどにあるドッグフードに入っている添加物が、犬にどのような影響を及ぼすのか、順に説明していきます。

①保存料(酸化防止剤)

保存料は、食材の酸化による劣化を防ぐたまに使われています。保存料の多くは、「プロビレングリコール」と「亜硝酸ナトリウム」の2種類が使用されています。

プロビレングリコールは、保湿作用、制菌作用、カロリー源の効果があります。しかし、赤血球の減少、肝臓・腎臓・心臓・脳への障害、皮膚炎を引き起こす原因といわれ、「ペットフード安全法」により、キャットフードへの使用は禁止されています。

亜硝酸ナトリウムは、発色剤、保存料を目的として使用されています。しかし、発ガン性物質を生成する可能性がある危険物質です。

②合成着色料

食材に色をつけ、見た目を良くするために使用されています。しかし、石油が原料のタール色素を使用しているため、心臓・肝臓の機能障害、甲状腺腺腫、ウイルスの感染確率の上昇の原因といわれています。また、発ガン性物質を生成する作用の危険性もあります。

③香料

犬の嗅覚は優れているため、香料を使用し、嗜好性を高め、食欲を増加させる効果があります。しかし、その多くが合成香料なため、犬にとって、有害な物質が入っている可能性があります。

スーパーなどにあるドッグフードの有害な食べ物

スーパーなどにあるドッグフードに入っている食べ物は犬にとって、有害になるものがあります。その食べ物が引き起こす症状を、順に説明していきます。

①肉の副産物

汚染されていない、かつ精製されていない動物の肉のことをいいます。つまり、人間が食べる食肉として流通されない部分を使用し、かつ人工的に加工されているので、添加物を含んでいる可能性があります。そのため、犬に有害になることは、必然的ともいえます。

②小麦

かさ増しのために、多くの小麦を使用していることが多いです。犬にとって、小麦は消化が苦手なため、消化不良を起こす可能性があります。また、小麦には、食物アレルゲンを多く含んでいるため、犬が摂取しすぎると、アレルギーを引き起こす可能性があります。

③油

スーパーなどにあるドッグフードは、大量の油を使用しており、その油は犬に影響するものがほとんどです。亜麻仁の油を使用しているのあれば健康的なのですが、その他の油は食材を酸化しやすく劣化の原因になるので、害になることは間違いありません。

また、それらの油は肥満の原因にもなります。

④聞きなれない原材料

スーパーなどにあるドッグフードには、聞きなれない原材料が含まれています。そういったフードは、消化が悪くなったり、便が緩くなってしまうので、犬にとって有害です。

本当にその原材料は、栄養があるのか。

そう考えると、正体が分からない材料を使用しているドッグフードを与えようとは思えないでしょう。

良質なドッグフードが良い理由

良質なドッグフードが良い理由は、上記にあるような成分や食材が入っていないので、安心して愛犬に与え続けるとことができます。その多くが、栄養価が高く、吸収率も良いので、愛犬の健康も守ることができます。

もちろん手作りでも良いのですが、犬に有害になる食べ物を把握しないといけない上に、栄養バランス、無農薬の野菜などさまざまなことを考えながら作らないといけないので、大変手間がかかります。

そういったことから、良質なドッグフードを与えたほうが愛犬のためにもなりますし、飼い主の方にもなるので、一石二鳥です。

獣医師がすすめるドッグフードが良い

上記にあるような良質なドッグフードの中でも、獣医師がすすめるドッグフードが一番です。獣医師は動物のスペシャリストです。なので、犬に有害になる食べ物や必要な栄養素を分かっているので、獣医師がすすめるドッグフードなら安心して与えることができます。

スーパーなどにあるドッグフードを与えている飼い主の方や食餌について悩んでいる片は、上記のことを考慮しつつ、愛犬の食餌を考えてあげましょう。