愛犬健康.com

ドッグフードの違いでどんなことが変わるの?

愛犬に与えるドッグフードによって、愛犬の状態や容姿などが変わってきます。

ドッグフードによって、どんなことが変わるのでしょうか。

今回はドッグフードの違いで変わることについてお話しします。

ドックフードの違いによって変わること

ドッグフードの違いによって、さまざまなことが変わってきます。どういったことが変わるのか順に説明していきます。

栄養価が変わる

ドッグフードによって、使用されている食材がさまざまです。犬にとって、良質な食材を使用しているドッグフードの方が栄養価が高いことは、必然です。

逆に、かさ増し目的のために使われている食材を使用しているドッグフードは栄養価が高いとはいえません。しかし、スーパーなどにある多くのドッグフードには、それらを使用しています。

使用されている食べ物によって変わる

上記にあるようにドッグフードによって、使用されている食材は変わりますが、スーパーなどにあるドッグフードには、犬にとって有害になる食材が使用されていることがあります。

例えば、小麦です。小麦はかさ増しのためには適した食材ですが、食物アレルゲンを多く含んでいるため、愛犬が摂取し過ぎると、アレルギーを発症させる可能性があります。また、犬にとって、有害になる油も大量に使用しているため、愛犬が肥満になったり、老化を促進させてしまいます。

良質な食材を使用しているドッグフードの場合は、栄養価が高いので、病気を発症させることもなく、愛犬の健康を維持することができます。

添加物が使用によって大きく変わる

添加物とは、食品の品質向上、嗜好性を高める、見た目をよくするなどの効果があります。しかし、添加物は内臓に異常をきたしたり、感染症の確率を高める、老化を促進させるなどを及ぼすため、摂取すればするほど、犬の健康を守りづらくなります。つまり、添加物が無いにこしたことはありません。

無添加のドッグフードを愛犬の健康を守ることができます。

同じ年齢・犬種なのに変わる

良質なドッグフードを与えている犬とスーパーなどにあるドッグフードを与えている犬とは、同じ年齢・犬種なのに健康状態が大きく変わります。

上記にあるように、良質なドッグフードは、栄養価が高いので、健康状態が良く、歳をとっても元気があります。一方で、スーパーなどにあるドッグフードを与えている犬の場合は、年齢相応か、もしくは年齢の割りに健康状態が元気がありません。老化が促進されているため、寿命にも影響が出てしまうのです。

同じ年齢・犬種なのに、ドッグフードによってこんなにも変わってしまうのです。

容姿も変わる

上記にあることから、容姿にも大きく影響してきます。栄養価高い良質なドッグフードを食べていると、腸整の作用もあるので、便などの調子も良くなり、毛並みや毛づやが良くなります。また、老化現象を低下させることができるので、歳の割りに若く見えたりもします。

しかし、スーパーなどにあるドッグフードの場合は、腸整の作用がないので、良質なドッグフード食べている犬よりも、毛並みや毛づやは良くありません。また、添加物や食べ物の影響により、老化が促進させてしまうので、年齢以上に老けて見えることがあります。

獣医師がすすめるドッグフードなら安心

上記のことから、良質なドッグフードを与えた方が良いと分かると思います。その中でも、獣医師がすすめるドッグフードが、最適です。獣医師は動物のスペシャリストなので、犬に適したドッグフードを分かっています。つまり、獣医師がすすめるドッグフードは、愛犬の健康を守ることができるのです。

ドッグフードに悩んでいる方や愛犬の健康状態を気にされている飼い主の方は、愛犬のためにも上記のことを考慮した上で、食餌について考えてあげましょう。