愛犬健康.com

手作りご飯は大丈夫なの?

犬を飼っている方は、食餌の方法がそれぞれで、ドッグフードではなく、飼い主の方が手作りで食餌を与えているケースも少なくありません。

しかし、手作りご飯は犬にとって大丈夫なのでしょうか。

今回は犬用の手作りご飯についてお話しします。

手作りご飯は犬に良いのか

手作りご飯を愛犬に与えている飼い主の方も少なくないでしょう。

手作りご飯は犬にとって健康的なのしょうか。

それは、飼い主の方の作り方によります。間違った手作りご飯をすると、手作りなのに犬にとっては、不健康になることがあります。

間違った手作りご飯の多くは、犬にとって有害な食べ物を与えてしまうケースです。有害な食べ物を与え続けると、愛犬が、アレルギー、中毒、消化不良、麻痺、下痢などの症状があらわえたりします。そのため、手作りを与える場合は、犬にとって有害になる食べ物をしっかり把握していないといけません。

また、調味料を使用して味付けをしている飼い主の方もいますが、あまり良いとはいえません。調味料には多くの添加物が含まれているため、蓄積していくとアレルギーの原因になったり、老化の促進させてしまいます。犬は、素材から出る味だけ満足します。なので、調味料などの味付けは犬にとっては不要です。

手作りご飯なら無農薬の野菜

人間と同様に犬も、無農薬の野菜で調理した方が健康体を維持できます。通常の野菜などには、農薬を使っているのが、ほとんどです。その農薬は、人間にとっても犬にとっても有害なため、摂取量が多いと、老化の促進、病気の発症、免疫力の低下など、さまざまな影響を及ぼします。

そういったことから、健康の考えるのであれば、無農薬の野菜が使った方が良いと分かると思います。

外来種の犬種は日本食が合わない

外国人が牛乳を飲んでもお腹を下すことはないが日本人はお腹を下してしまうといったように、外来権の犬種が日本食を食べると、なんらかの症状出る可能性があります。

古来から日本で育った犬種は、日本食を食べても、スムーズに吸収され健康になりますが、外来種の犬種は、もともと育った国が違うため、日本食が合わないのです。そのため、手作りの日本食を与えてしまと、下痢、中毒、アレルギーになる危険もあります。

手作りご飯を与える際は、愛犬の健康をチェックしつつ、愛犬に合った食餌を作ってあげましょう。

手作りご飯は大変

上記のことから、飼い主の方が手作りご飯を用意するのは、大変だと分かります。また、日々の栄養バランスを考えなければなりません。なんらかの病気を発症している場合は、専門の獣医師に相談しつつ作らないといけないので、容易ではありません。

愛犬に合わせて、家族の食事も変わるといったケースも考えられるので、飼い主の方の負担も大きくなります。

手作りご飯よりも良質なドッグフードを

良質なドッグフードは、犬の健康に適した食材を使用しているため、犬にとって栄養価が高く、吸収率も良いので、愛犬の健康を守ることができます。

手作りのご飯の場合は、食材、栄養バランス、有害な食べ物など、さまざまなことを飼い主の方は考えないといけませんが、良質なドッグフードなら、そういった手間がなくなるので、飼い主の方も負担が減ります。

愛情こもったご飯をあげたいというなら手作りの方がいいかもしれませんが、愛犬の健康のことを考えることも大切であり、愛情なので、良質なドッグフードの方が良いでしょう。

獣医師がすすめるドッグフードなら安心

市販のドッグフードには、添加物やアレルギーの原因となる食材が多く使われているケースがあるので、健康的なドッグフードとはいえません。良質なドッグフードを選ぶなら、獣医師がすすめているものがおすすめです。獣医師は動物のスペシャリストなので、安心して愛犬に与えることができます。

上記のことを考慮したうえで、愛犬の食餌を見直してあげましょう。