愛犬健康.com

毛並みに影響あり?!玄米が愛犬にもたらす効果

愛犬に食餌を与える際に、栄養バランスを考えないと、体内バランスに影響を与える可能性があります。

今回は犬にとって栄養価が高い食べ物の一つである「玄米」についてお話しします。

なぜ玄米は良いのか

犬は穀物類を消化するのが苦手で、小麦やとうもろこしなどには食物アレルゲンが含まれているため、アレルギーを引き起こしやすいといわれています。しかし、玄米の場合は、白米よりもビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富なため、消化しやすく、すぐにエネルギーに変換しやすいのです。

玄米も穀物類に分類されるため、食物アレルゲンが含まれていますが微量なので、アレルギーになる可能性は極めて低いでしょう。

玄米にある栄養素について

玄米にある栄養素が犬にどんな効果をもたらすのか、順にそって、説明していきます。

①ビタミン

糖質や脂肪の代謝を促す働きがあります。また身体をさびつかせる活性酸素を中和して、老化を防止する役割もあります。

②カリウム

細胞内の浸透圧を一定に保って、高血圧を防ぐ働きがあります。生命維持には欠かせない栄養素です。つまり、カリウムが不足していてると、筋肉の動きが悪くなり、力が出なくなり、夏バテの原因になったりします。

③ミネラル

ミネラルは、細胞浸透圧の調整、歯や骨を構成する材料となるなど、生命を維持するために必要な効果を持っており、無機質とも呼ばれることがあります。主に、免疫力をアップさせる、精神状態を安定させる、筋肉の働きをスムーズにする、健康な血液にする、肉体疲労解消効果、心臓を正常に働かせる、脳を活性化するといって効果があります。

④食物繊維

食物繊維は消化されずに、小腸を通って大腸まで達する食品成分です。主に便秘の予防をはじめとする整腸効果だけでなく、血糖値上昇の抑制、血液中のコレステロール濃度の低下など、多くの効果があります。

玄米を与えてから元気なったなどの症例が多数

飼い主の方が白米から玄米に変えてから、愛犬の容姿や調子が良くなったと多くの意見があります。飼い主の方だけでなく、第三者のから見ても分かるほどの効果があるようです。

一番多くある話が、毛並みや毛づやがキレイになったとのことです。健康的な便をすることによって、余計なものまで排泄されるため、そういった効果があらわれると考えられています。また、皮膚が弱かった愛犬が炎症しなくなったと意見もあります。

これらのことから、玄米がもたらす効果は絶大だと分かると思います。

玄米が入っているドッグフードを

飼い主の方が玄米を用意して、調理するとなると、大変手間がかかります。なので、玄米が入っっているドッグフードをおすすめします。また、その中でも、市販のドッグフードではなく、獣医師がすすめているドッグフードはとくにおすすめです。獣医師がすすめているドッグフードには、犬にとって栄養価が高いものが入っており、余計なものが入っていないため、愛犬が健康体を維持できるようになります。

食餌に悩んでいる飼い主の方やこれから犬を飼おうと考えている方は、食餌について考えてみてはいかがでしょうか。