愛犬健康.com

砂糖なのに栄養価が高い?テンサイが愛犬にとって栄養価が高い理由

犬と人間の体内構造は違うため、どんな食餌が犬にとって栄養価が高いのか、飼い主の方は考えたりすると思います。

今回は犬にとって栄養価が高い食べ物の一つである「テンサイ」についてお話しします。

なぜテンサイが犬にとって良いのか

テンサイは大麦と同様に、「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」をバランスをよく含んでいます。そのため、栄養吸収のサポートしてくれる働きがあるため、犬の健康体を維持することができます。

また、粒にかりかりとした食感があるので、犬が良く噛んで食べ、歯と顎(あご)の健康にも効果的で、満腹感も得られます。

テンサイの栄養素について

テンサイの栄養素が犬にとって、どんな効果があらわれるのか、順にそって、説明していきます。

①水溶性食物繊維

水に溶けやすい食物繊維です。水に溶けて水分をたっぷりと吸収し、ゼリー状になり、硬くなった便と混ざり合い適度に柔らかさを保ち、スムーズに排便する働きがあります。また、腸内でオリゴ糖に変わり、善玉菌のエサとなり、腸内環境を整える効果もあり、便秘解消に抜群の効果を発揮します。

②不溶性食物繊維

水溶性食物繊維とは逆に、水に溶けにくい食物繊維です。水分を保持し、有害物質を含んでいる便と吸着し、排泄する働きがあります。また、水溶性食物繊維と同様に、善玉菌を増殖させ、便秘の予防に効果があります。そのほかには、小腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を効果的な働きもあります。

テンサイは砂糖として使われる

サトウキビから作る砂糖と違い、テンサイの砂糖は栄養価が高いことで最近注目されています。上記のような腸を調整してくれる作用があるので、食餌の際、微量入れてあげて、愛犬に摂取させてあげたい食べ物です。

テンサイが含まれているドッグフードがおすすめ

飼い主の方が、テンサイを用意するとなると大変です。なので、テンサイが含まれているドッグフードがおすすめです。その中でも、獣医師がすすめるドッグフードが良いでしょう。市販のドッグフードは、人口添加物が含まれている砂糖を使用しますが、獣医師がすすめているドッグフードの場合は、天然のテンサイ砂糖を使用し、余計なものも入っていないので、愛犬が健康体を維持することができます。

食餌に悩んでいる飼い主の方やこれから犬を飼おうとしている方は、上記のことを考慮して食餌を考えてあげましょう。