愛犬健康.com

亜麻仁は愛犬にとって栄養価が高い3つのポイント

飼い主の方は犬に、どんな食餌を与え、栄養を摂取させるか考えたりするでしょう。しかし、犬と人間の体内構造は異なるため、悩んでしまうと思います。

今回は犬にとって栄養価が高い食べ物の一つである「亜麻仁」についてお話しします。

なぜ亜麻仁が犬にとって良いのか

栄養価が高い食品として、世界の中で注目されはじめている亜麻仁は、健康促進・健康維持のために使用されていることが多くなりました。栄養価が高いことから、人間や犬だけでなく、動物の健康とその維持における価値から、食物療法として使用されることがあります。

亜麻仁の主な栄養素は、「α‐リノレン酸」「リグナン」「食物繊維」です。これらの栄養素が多く含んでいることから、注目されはじめています。

亜麻仁の栄養素について

亜麻仁の栄養素が犬にとって、どんな効果があらわれるのか、順にそって、説明していきます。

①α‐リノレン酸

α‐リノレン酸はオメガ3系の一つです。脂質の主な構成成分である脂肪酸の一つで、犬の体内では合成することができない必須脂肪酸です。主に、血流改善、血栓予防、アレルギー抑制、老化防止、うつ病の軽減などさまざまな効果があります。亜麻仁の油に多く含んでいるため、犬にとって身体の良い油ということです。

②リグナン

リグナンとは、亜麻仁の種子に含まれるポリフェノールの一種です。主に、更年期障害の改善、骨粗しょう症の予防、コレステロール値の減少、肥満の予防などの効果があります。女性ホルモンのエストロゲンと似た働きがあるため、これらの効果があるといわれています。

③食物繊維

食物繊維は胃の中で消化されず、腸に移動し、便をスムーズに排泄させる働きがあります。そのため、糖尿病の予防、心臓病の予防、便秘の改善、肥満予防などの効果があります。善玉菌を増殖させ、腸内にある有害物質を排泄することができるので、健康体を維持することができます。また、毛並みや毛づやがよくなる傾向があります。

亜麻仁が入っているドッグフードを与えましょう

亜麻仁を用意するよりかは、亜麻仁が入っているドッグフードを与えるのが良いでしょう。その中でも、市販のドッグフードよりも、獣医師がすすめるドッグフードがおすすめです。獣医師がすすめるドッグフードには、亜麻仁以外にもさまざまな栄養を含んでおり、また余計なものが入っていないため、愛犬の健康体を維持することができます。

愛犬の食餌に悩んでいる方やこれから犬を飼おうとしている方は、愛犬のためにも、上記のことを考慮して食餌を考えてあげましょう。