愛犬健康.com

話題のビール酵母が愛犬を健康体にする4つの理由

飼い主の方は愛犬を健康で長生きしてもらいために、さまざまな食餌を考えるでしょう。しかし、人間と犬の体内構造が違うため、どんな物を与えたらいいのか悩んでしまうと思います。

今回は犬を健康体にしてくれる食べ物の一つである「ビール酵母」についてお話しします。

ビール酵母とは

ビール酵母とは、ビールの製造過程で、アルコール発酵を行う酵母(微生物)です。アミノ酸やビタミンB群、各種のミネラル類、食物繊維などをバランスよく含みます。

注目されているビール酵母

近年、ビール酵母が注目されはじめています。天然物なので、良質な栄養が摂取できるためだといわれています。人間のダイエットサプリとして販売されてもいます。

また、ビール酵母が犬にも効果的だと分かったため、ドッグフードに含まれているケースがあります。

ビール酵母の栄養素について

ビール酵母の栄養素が犬にとって、どんな効果をもたらすのか、順にそって、説明していきます。

①アミノ酸

アミノ酸とは、タンパク質が分解されたものです。肌、血液、内臓などを構成している重要な栄養成分です。糖質と脂質だけでは補いきれず、筋肉などのタンパク質が分解されたアミノ酸がエネルギー源として使われます。主に、筋肉増強、疲労回復、ダイエット、免疫力向上などの効果があります。

活発的な犬には、とっておきたいとくに摂取しておきたい栄養素です。

②ビタミンB群

エネルギーを造り出す代謝を助ける働きがあるため、犬の身体には必要不可欠な栄養素です。犬の6大栄養素の一つであり、身体にためておくことができないため、毎日食餌から摂取する必要があります。主に、疲労回復、成長促進、貧血予防、皮膚や粘膜を健康に保つ、エネルギー生成、血糖値減少などの効果があります。

③ミネラル

無機質と呼ばれることもあり、細胞の調整、骨格形成の材料などの働きがあります。ミネラルの摂取量は微量ですが、不足しすぎると、身体に影響を与えます。主に、免疫力向上、精神安定、筋力向上、血液循環の調整、肉体疲労回復、脳の活性化などの効果があります。

④食物繊維

食物繊維は胃の中で消化されずに、腸へと移動し、硬くなった便をやわらかくし、スムーズに排泄させる働きがあります。主に、肥満予防、便秘予防、老化防止などの効果があります。整腸効果から、愛犬の毛並みや毛づやがキレイになります。

ビール酵母が入っているドッグフードがおすすめ

ビール酵母を考えながら食餌を考えるのは容易ではありません。なので、ビール酵母が入っているドッグフードを与えましょう。その中でも、市販のドッグフードよりも、獣医師がすすめるドッグフードがおすすめです。獣医師がすすめるドッグフードには、ビール酵母以外にも、さまざまな栄養素がつまっていて、余計なものが入っていないため、愛犬が健康体を維持しやすくなるでしょう。

愛犬の食餌に悩んでいる方やこれから犬を飼おうと考えている方は、愛犬のためにも、上記のことを考慮して、食餌を考えてあげましょう。