愛犬健康.com

【毛並みが良くなる】犬にとって無添加のドッグフードが良い理由

飼い主の方は、愛犬の健康を維持するためにも、一度はドッグフード選びに悩んだことがあると思います。健康体を維持するなら、無添加のドッグフードが良いでしょう。

今回はその無添加のドッグフード良い理由についてお話しします。

無添加のドッグフードとはどういったものか

無添加のドッグフードは人工添加物が含まれていません。なので、人間が口にしても、問題ないのが特徴です。添加物が入ってないことから、犬も美味しそうに食べてくれます。

また、無添加のドッグフードは栄養価が高く、愛犬が長生きします。

無添加のドッグフードのメリット

無添加だと、添加物が入っているものよりも、アレルギーの発症リスクを抑えることができます。また、免疫力が向上し、病気に強い健康体を維持できるようになります。肥満防止にもなります。

そのほかに、快便になります。今まで下痢、便秘、異臭放ったいた便だったのが、無添加のドッグフードを食べることにより、改善されます。そのため、毛並みや毛づやキレイになります。

また、無添加のドッグフードを与えてから、病気が治った、アレルギーの症状が軽くなった、愛犬の食欲が増加した、肥満が改善されたなどの事例もあります。

上記のことから、無添加のドッグフードが愛犬に与えるメリットは大きいと分かります。

市販のドッグフードには添加物が入っている

市販のドッグフードには添加物が多く入っています。その背景としては、品質を長期間保つ、見た目を良くする、クセになるような味にし継続的に購入してもらうなどの理由だといわれています。なので、有害だとしても、利益を追求する企業にとっては、切っても切れないものなのです。

しかし、それらの市販のドッグフードを与えることは、愛犬に有害なものを与え続けることになります。なので、アレルギーを発症したり、肥満になったり、なんらかの病気を発症してしまうので、愛犬の健康体を維持するのは難しいでしょう。

獣医師がすすめるドッグフードがおすすめ

市販にあるドッグフードの中には、無添加のもあります。しかし、成分表示に記載されていないだけで、実際は使われているケースがあります。

なので、無添加のドッグフードを選ぶなら、獣医師がすすめているドッグフードが良いでしょう。獣医師は犬に有害な食べ物を把握しているので、添加物以外にも犬に有害となる食べ物を含んでいないドッグフードを分かっています。そのため、獣医師がすすめているものなら、安心して愛犬に与えることができます。

飼い主の方やこれから犬を飼おうと考えている方は、上記のことを考慮して、愛犬に食餌を考えてあげましょう。