愛犬健康.com

犬にとってカカオ類は危険な食べ物

人間にとってはおいしく栄養のある食べ物でも、犬にとってはおいしくても有害な食べ物があります。犬と人間は動物としては同じですが、身体の構造が違うため、食べ物の影響も変わります。

今回は犬にとって有害な食べ物の一つである「カカオ類」についてお話しします。

なぜカカオ類が有害なのか

カカオ成分が入っているチョコレートなどが、犬にとって有害になります。カカオの成分である「デオブロミン」という成分が、中枢神経を刺激する毒素となるからです。そのため、カカオ含有量が多ければ多いほど、危険度が増します。

摂取量の危険度は、小型犬、中型犬、大型犬の大きさや体重、また健康状態によって異なりますが、一般的に中毒症状が出る摂取量は、下の図だと言われています。

[table “1” not found /]

どんな症状が出るのか

摂取量のよって、症状が異なりますが、初期症状は多尿、下痢など排泄物に異常がみられます。症状が悪化してくると、嘔吐、興奮、呼吸困難、不整脈などの症状がみられるようになります。最悪の場合だと、けいれんを起こし、筋肉が麻痺したり、こん睡状態になってしまい、死に至る可能性があります。

また、てんかんやけいれんなどの慢性的な病気を持っていると、発作の原因になります。

治療方法

治療方法は、吐かせてあげるのが一番です。犬の舌の奥に棒状を入れ、吐かせます。また、薄い食塩水を飲ませて吐かせる方法もあります。それでも吐かない場合は、獣医師に診てもらい、薬物療法や胃の洗浄を行ってもらいましょう。

最悪のケースにならないためにも、早期治療が必要です。だたし、摂取量が少ない場合は、数日経っても症状がなく、そのまま排泄されるので、問題ありません。

いまだに多いカカオ中毒

チョコレートによる救急搬送された件数が、毎年500件以上あります。多い症例が、飼い主の方が知らずにあげてしまったことだといわれています。犬もおいしそうに食べるので、問題ないと思ってしまったようです。

犬は、自身が有害だとしても、なんでも口にしてしまいます。そのため、飼い主の方は好物だと、カン違いしてしまいます。なので、飼い主の方は、間違ってもカカオ類をあげないようにしましょう。

人間食よりもドッグフードを

人間食を与えると、なんらかのトラブルが生じる可能性があるので、愛犬にはドッグフードを与えるようにしてください。

ドッグフードは犬用なので、塩分を控えめで添加物が少ないため、栄養豊富、肥満予防などのメリットが多くあります。なので、自然と健康な愛犬に育ちます。

特に獣医師がすすめているドッグフードなどがおすすめです。