愛犬健康.com

とうろもこしは意外に危険

犬と人間の体内構造が違うため、人間にとって栄養があっても、犬にとっては有害になる食べ物があります。飼い主の方は、有害になる食べ物を把握せずに与え続けると、なんらかの病気を発症する可能性があります。

今回はその有害になる食べ物の一つである「とうもろこし」についてお話しします。

なぜとうもろこしが有害になるのか

犬はとうもろこしを消化することが苦手なため、栄養が豊富だとしても、消化不良を引き起こす可能性があるからです。

とうもろこしを食べると、消化をするために、多くの胃酸を分泌します。そのため、胃酸の多くが取り残されたり、消化が悪いために多くの胃酸が必要になり、胃酸過多と同じような症状を引き起こし、嘔吐などを繰り返しします。

それらの原因としては、とうもろこしは外殻が硬いためだといわれています。そのため、犬にとっては、茹でていても、焼いていても、消化が悪い食べ物になってしまうのです。

また、とうもろこしはタンパク質と炭水化物が豊富なため、肥満の原因にもなります。ごくまれに、アレルギーになる犬種もいます。

とうもろこしの芯は危険

とうもろこしの芯を与えて、愛犬がお腹を痛そうにしたり、繰り返し嘔吐しているため、救急搬送されたという症例が毎年あります。

上記にあるように、犬はとうもろこしを消化するのが苦手です。まして、とうもろこしの芯は食物繊維の塊なので、胃が消化できません。

とうもろこしの芯を食べてしまうと、小さいサイズいしてあるなら、腸を通って排泄されますが、腸を通過できないサイズだと腸閉塞を引き起こしたりします。その場合、外科手術が必要になります。

誤って食べてしまった場合

誤って愛犬がとうろこしの芯を食べてしまった場合は、すぐに吐かせましょう。方法としては、棒状のものを舌の奥に入れたり、食塩水を飲ませて吐かせます。それでも吐かなかった場合は、すぐに獣医師に診てもらい、なんらかの処置を施しましょう。最悪の場合は、外科手術を行うケースもあります。

市販のドッグフードにはとうもころしが入っている

市販のドッグフードのとうもろこしが入っている可能性があります。とうもろこしは人間からすると栄養が高く、安価なため、ドッグフードを製造するにはもってこいの食べ物なのです。なので、犬に影響があったとしても、利益を追求する企業からすると関係ないのです。

もちろん、生のとうもろこしとは違い、加工してあるため、嘔吐や下痢の症状があらわれにくいですが、タンパク質や炭水化物が豊富なため、肥満になりやすい傾向があります。

上記のことから、飼い主の方は一度与えているドッグフードを見直してみることをおすすめします。

ドッグフードは獣医師がすすめるものが安心

獣医師はやはりその手のスペシャリストなので、どんなドッグフードが犬にとって良質なのか把握しています。なので、もしドッグフードに悩んでいる方やこれから犬を飼おうとしている人は、獣医師がすすめているドッグフードを与えてください。