愛犬健康.com

牛乳は犬には身体を壊す要因の一つ

人間と犬の体内構造が違うため、人間にとって栄養があっても、犬にとっては有害になる食餌があります。そのことを把握せずに愛犬に与え続けると、なんらかの症状があらわれたりします。

今回はその有害になる食餌の一つである「牛乳」についてお話しします。

なぜ牛乳は与えてはいけないのか

牛乳はカルシウムを多く含んであり、栄養価が高い飲み物です。しかし、牛乳に含まれる「乳糖」が下痢を引き起こしてしまいます。

乳糖は人間の母乳にも、犬の母乳にも含まれています。子犬時代は、母犬の母乳を飲んで成長していきますが、ラクターゼ(乳糖分解酵素)が成犬になるにつれ、減少していきます。そのため、乳糖の耐性がなくなり、乳糖が分解されないまま腸管内を移動していきます。腸管内に乳糖が残っていると、吸収されるはずの水分が吸収されずに、便になってしまうため、下痢状になってしまうのです。また、過剰摂取すると肥満やアレルギーの原因にもなります。

犬種によって、ラクターゼを持っている量が違うため、同じ牛乳の量を飲んでも、発症しない犬もいます。一般的には、犬の体重1kgあたり、20mlの牛乳を摂取すると、下痢などを引き起こすといわれています。

乳製品をあげるなら発酵したもの

最近では乳糖が少ない牛乳などが作られていますが、乳糖が少なからず入っているので、あまりおすすめしません。

どうしても牛乳を与えたい場合は、牛乳をあげるのではなく、ヨーグルト(無糖)やチーズ(ペット用の低塩分物)などの発酵したものが良いでしょう。ヨーグルトやチーズは製造過程でほとんどの乳糖が分解されているため、牛乳で下痢になってしまう犬も問題なく食べれます。成犬や離乳期の犬にはおすすめです。ただし、いくら分解されているとはいえ、素は牛乳なので、過剰摂取は控えましょう。

市販のドッグフードは危険

市販のドッグフードは牛乳を使用しているものが多いため、アレルギーや肥満の原因になる可能性があります。肥満は減量したり、運動させれば対処できますが、アレルギーの場合は、一生つき合っていく病気なので、できれば避けたい病気の一つです。

牛乳は栄養価が高く低コストでできるため、使用されることが多いといわれています。しかし、犬にとっては有害な飲み物なので、値段が安くても市販のドッグフードを与えるのは、あまりおすすめしません。

獣医師がすすめるドッグフードなら安心

上記のように市販のドッグフードは犬に影響を与える可能性があります。それでしたら、獣医師がすすめるドッグフードをおすすめします。獣医師はその手のスペシャリストなので、何が有害になるのか把握しています。つまり、獣医師がすすめるドッグフードなら、安心して与えることができるのです。

ドッグフードに悩んでいる方やこれから犬を飼おうとしている方は、これを期にドッグフードを変えてみるのもいいかもしれません。