愛犬健康.com

犬にとって牛肉はアレルギーの原因

犬はなんでも口にいれてしまう習性があります。そのため、犬自身が有害になろうが、飼い主の方が与えてる物を美味しそうに食べてしまいまいます。なので、飼い主の方は、何が犬にとって有害になるのか把握してなければなりません。

今回はその有害になる食べ物の一つである「牛肉」についてお話しします。

なぜ牛肉を与えてはいけないのか

多くの本やサイトには、牛肉を与えても大丈夫と言っていますが、間違いです。まず生肉与えることは、人間と同様で危険です。生肉には、寄生虫や病原性のある細菌が潜んでいる可能性があるからです。

なら、火を通せば大丈夫なのでは?

それも危険です。もともと牛肉には食物アレルゲンというタンパク質の一種が、アレルギーを引き起こす可能性があるからです。とくに、牛肉にはその食物アレルゲンが多くあるため、生肉だろうが、焼いていようが与えることをおすすめしません。

アレルギーの症状

アレルギーの症状は、人間と似ています。せき、喘鳴、目の充血・かゆみ、くしゃみ、皮膚の発赤など症状があらわれます。症状が悪化すると、下痢、呼吸困難、めまい、嘔吐などを引き起こします。

アレルギーは免疫力の異常から発生で症状があらわれますが、発症するとアレルギー自体を抑えることができても、治すことはできません。つまり、一生つき合っていう病気になってしまうということです。

発症しないためにも、飼い主の方の予防が必要不可欠になります。

市販のドッグフードには牛肉が入っている

市販のドッグフードには牛肉を含んでいるものが多くあります。つまり、飼い主の方が知らないうちに、アレルギーの原因となる牛肉を与えていることになります。牛肉は栄養価が高いため、使用されていることが多いといわれています。しかし、アレルギーの原因になるので、いくら栄養価が高いといっても、あまりおすすめできません。

獣医師がすすめるドッグフードなら安心

上記のように市販のドッグフードは、牛肉以外にも犬にとって有害になる食べ物を含んでいる可能性があります。安心して与えることができるのは、獣医師がすすめるドッグフードです。獣医師がすすめるドッグフードは有害になるものや余計なものが入っていないため、愛犬が健康体でいられる可能性が高いです。

また、病気の予防だけでなく、肥満予防になるので、一石二鳥になるので、飼い主の方も安心して与えることができるでしょう。