愛犬健康.com

犬にとって穀物類は下痢の原因に!

犬の体内構造は人間と違うため、食餌に気をつけなければなりません。もし、知らずに食餌を与え続けると、なんらかの病気を発症する可能性もあります。

今回はその犬にとって有害になる食べ物の一つである「穀物類」についてお話しします。

なぜ穀物類はいけないのか

穀物類とは米、小麦、ライ麦、とうもろこしなどイネ科になるものをいいます。

犬は、そういった穀物類を食べれるように身体はできておらず、肉食系の動物で人間のように雑食性の動物ではありません。元来、犬の祖先である狼と犬は同じ消化器を持っています。犬の消化器官は短く、肉をベースとした高タンパクの食餌に適応し、タンパク質を効率よく吸収するようにできています。

そのため、穀物類などの炭水化物は肉食動物の犬にとって消化が困難であり、炭水化物にしてもタンパク質にしても栄養価は低く、穀物類を与え続けると、なんらかの症状があらわれたりします。

どんな症状があらわれるのか

穀物類を与え続けると、消化不良を起こし、下痢などの症状があらわれます。また、犬の胃が穀物類を消化をしようと、胃酸を多く分泌し、胃酸が胃に残ってしまい、胃酸過多を引き起こしたりもします。最悪の場合だと、アレルギーを発症する可能性もあります。

市販のドッグフードには穀物類が多く入っている

ドッグフードが定着したのは、ごく最近のことで、まだ年月は浅いのです。そのため、市販されている多くのドッグフードには、市販されてからのときと同じやり方で、穀物類を使用するところが多くあります。低コストで、”かさ増し”するのに適している穀物類は、企業にとっては必要不可欠なのです。なので、金額的にも手に入れやすい価格になっています。

しかし、その穀物類が原因でなんらかの病気を発症したら、元も子もありません。犬専用の食餌なのに、逆効果になる可能性があると考えると、あまりおすすめできません。

獣医師がすすめるドッグフードなら安心

上記のことから、市販のドッグフードは穀物類以外にも、犬にとって有害になる食べ物を含んでいる可能性があるので、控えた方がいいでしょう。

しかし、飼い主の方が、一つ一つの食べ物を確認して作るとなると、大変です。

なので、食餌を与えるなら、獣医師がすすめているドッグフードがおすすめです。獣医師がすすめているドッグフードは、有害になる食べ物や余計なものが入っていないため、愛犬が健康体でいられる可能性が高いです。市販のものよりも、値が高いかもしれませんが、健康体にいられることや、愛犬と長く過ごしたいと考えると、出してもいいかもしれません。