愛犬健康.com

イングリッシュ・コッカー・スパニエルの飼い方

犬には、さまざまな種類が存在し、日本古来のものや、外来犬も存在します。その犬種によって、育て方は異なります。

今回は、犬種の一種である「イングリッシュ・コッカー・スパニエル」の飼い方についてお話しします。

イングリッシュ・コッカー・スパニエルの飼い方

イングリッシュ・コッカー・スパニエルの特徴

イングリッシュ・コッカー・スパニエルは、もともとは鳥猟犬として活躍していた、イギリス原産の犬です。

アメリカン・コッカー・スパニエルの祖先犬で、外見がよく似ていますが、アメリカン・コッカー・スパニエルの方が、頭が丸く口が短いのが特徴です。

たくましく筋肉質な体と、絹のように柔らかく少しウェーブのかかった被毛を持っています。毛色は、ブラック&タン、パーティカラー、レッド、オレンジ、レモンなどがあります。

お手入れ方法

美しい毛並を保つ為には、毎日のブラッシングがかかせません。被毛は柔らかく毛玉になりやすいので、丁寧にブラッシングを行いましょう。ペットサロンでの月に1~2回の定期的なトリミングも必要です。また、垂れ耳で耳の中が汚れやすいので、こまめに耳のお掃除をしましょう。

性格

明るく陽気で、忍耐強い性格です。とても賢いのでしつけも難しくないでしょう。

しかし、賢すぎるので、間違ったしつけをすると飼い主の力量不足を見抜いてしまい、主導権を握ろうとするので、あいまいな態度は取らず、毅然とした態度で、しっかりと知識を持ってしつけを行うことが大切です。

最適なお散歩方法

とても活動的でスタミナのある犬なので、適度な運動が必要です。1日2回、30分程度のお散歩に出かけましょう。お散歩は、肥満を予防するだけでなく、ストレス解消や飼い主さんとのスキンシップにもなります。また、他の犬と触れ合い、いろいろな音に慣れる事で社交性を身に着けることもできます。

また、ボールを投げて遊んだり、ドッグスポーツに挑戦するのも良いでしょう。

イングリッシュ・コッカー・スパニエルを飼う注意点

イングリッシュ・コッカー・スパニエルがかかりやすい病気に、外耳炎があります。外耳炎とは、細菌や寄生虫などが原因となって外耳道に炎症を起こし、べとべとした耳垢やかゆみや痛みが出る病気です。悪化すると内耳炎や中耳炎を起こしてしまう事もあるので、日ごろから耳の中が汚れてないかチェックしましょう。耳掃除は、市販の耳洗浄液を使うと良いでしょう。

イングリッシュ・コッカー・スパニエルは、フレンドリーで育てやすい犬ですが、初心者向きとは言えません。トレーニングに自信がある方に向いている犬でしょう。

毛並みや毛づやをキレイに保つためにも最適な食餌を

イングリッシュ・コッカー・スパニエルは被毛が清潔感が目立つ犬種です。そのため、日々のブラッシングはもちろん、食餌も大切です。人間食や市販のドッグフードを与えている方は、控えたほうがいいでしょう。それらには、添加物や犬にとって有害になる食べ物が含まれている可能性があります。

毛並みや毛づやをキレイに保つなら、獣医師がすすめるドッグフードが良いでしょう。獣医師がすすめるドッグフードは、栄養価が高く、余計なものが入っていないため、毛並みや毛づやがキレイになります。

愛犬のためにも、先述したドッグフードに変えてあげてみましょう。