愛犬健康.com

ウィペットの飼い方

さまざまな犬種がおり、日本古来から存在するものや、外来犬も存在します。

今回は犬種の一種である「ウィペット」についてお話しします。

ウィペットの飼い方

ウィペットの特徴

ウィペットは、もともとはウサギを追うために小型のグレーハウンドとテリア種を掛け合わせて作られた、イギリス原産の犬です。走る姿が鞭(ウィップ)で打たれて走る馬のように見えることが名前の由来です。

筋肉質で、流線型の美しい体が特徴です。毛色は、グレー、フォーン、ブラックなどさまざまです。

お手入れ方法

体臭があまりなく、短毛なのでお手入れは簡単です。頻繁にブラッシングの必要はなく、時々蒸しタオルで拭いてあげるくらいで良いでしょう。換毛期は、多少抜け毛がありますので、ブラッシングして毛を取ってあげて下さい。

シャンプーは、あまり頻繁に行うとかえって皮膚病の原因になる事もあるので、月に1回位が適当です。

性格

穏やかで、飼い主にとても従順です。飼い主の傍にいることに喜びを感じる犬なので、家庭犬として育てやすい犬だと言えます。賢くトレーニングにも素直に取り組む犬なので、しつけは難しくないでしょう。しかし、かつてはウサギを追っていた犬なので、小動物や小型犬をとっさに追いかけてしまう事があります。しっかりとしつけをしましょう。

最適なお散歩方法

ドッグレースに出るほど俊足で、運動神経がよい犬なので、多くの運動量を必要とします。最低でも、1日2回、1時間以上の運動が必要です。ジョギングをしながらの運動が良いでしょう。運動不足になればストレスがたまり、肥満や病気の原因になってしまうこともあるので、できる限り運動させてあげて下さい。

ウィペットを飼う注意点

基本的に丈夫な犬ですが、水晶体脱臼という目の病気にかかることがあります。症状は、目の痛みや充血などが起こります。先天的なものである場合は予防は難しいのですが、予防接種の際にチェックしてもらったり、気になる症状があれば、お医者さんに診てもらいましょう。

ウィペットは、室内でも飼うことが出来る育てやすい犬です。一緒に走ったり、遊んだりと運動を楽しめる方に向いた犬でしょう。

健康を守る食餌を

人間食や市販のドッグフードには、添加物など、犬にとって有害なものが含まれている可能性があるので、健康を守りづらいでしょう。愛犬の健康を守るなら、獣医師がすすめるドッグフードがおすすめです。獣医師がすすめるドッグフードには、添加物など余計なものが含まれておらず、栄養価が高いので、愛犬の健康を守るには最適です。

飼い主の方は、愛犬のためにも「食餌」を見直して、健康体を維持させてあげましょう。