愛犬健康.com

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの飼い方

犬のさまざまな犬種が存在しています。その多くは、外来犬です。日本古来の犬種もいますが、家庭で飼っている多くは、外来犬が多いといわれています。

今回はその犬種の一種である「ウェルシュ・コーギー・ペンブローク」についてお話しします。

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの飼い方

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの特徴

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークは、かつてはイギリスで牧畜犬として活躍していた犬です。ウェルシュ・コーギーには、ウェルシュ・コーギー・ペンブロークとウェルシュ・コーギー・カーディガンの2種類がいます。どちらも胴長短足で愛嬌ある姿はそっくりですが、この2種類の違いは、カーディガンはペンブロークよりも少し小さく、また、ペンブロークは尾が短いですが、カーディガンは長いふさふさとした毛がある点です。

毛色は、レッド、セーブル、フォーン、ブラック&タンがあります。

お手入れ方法

被毛は短いですが、抜け毛が多いので毎日のブラッシングは欠かせません。お散歩から帰ったら、汚れやごみを取り除き、丁寧にブラッシングしてあげましょう。ブラッシングは、抜け毛を取るだけでなく、皮膚のマッサージや新陳代謝を促す効果もあります。特別なトリミングは必要ありません。

シャンプーは月に1~2回位が適当です。

性格

活発で友好的、とても賢く物覚えが良いので、しつけは難しくないでしょう。しかし、少々落ち着きがないところがあります。また、牧畜犬だったコーギーは、独立心が強い犬です。仔犬の頃から飼い主との主従関係をしっかりと教え、わがままな犬にならないようにしましょう。

最適なお散歩方法

とても活発でエネルギッシュな犬なので、比較的多くの運動量が必要です。1日2回、30分程度のお散歩にでかけましょう。ドッグランなどの広い場所で思いきり走らせるのも良いですね。

また、室内での遊びも取り入れて上手に運動させましょう。

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークを飼う注意点

胴長短足のコーギーが、最も気を付けたい病気が椎間板ヘルニアです。椎間板ヘルニアとは、脊髄の椎間板が損傷することによって、神経が圧迫され麻痺や痛みが出てくる病気です。コーギーは、その体型ゆえに腰に負担がかかりやすく、この病気を発症しやすい犬種です。

予防としては、肥満にならないよう食事に気を付け、しっかりと運動させましょう。また、滑りやすいフローリングでは、マットを敷くなどして工夫してあげて下さい。コーギーは小型犬とは言え、顔や胴体は中型犬サイズで運動量も多い犬です。たくさんお散歩してあげられる方に向いた犬だと言えます。

キレイな毛並みや毛づやにするためにも食餌に気をつけましょう

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークは、被毛が比較的短いほうではありますが、毛並みや毛づやがキレイではないと清潔感がないように見えてしまいます。

毛並みや毛づやをキレイにするためにも、「食餌」には気をつけましょう。人間食や市販のドッグフードには、添加物など犬にとって有害になるものが含まれている可能性があるので、キレイにする点においては、難しいでしょう。それだったら、獣医師がすすめるドッグフードがおすすめです。獣医師がすすめるドッグフードには余計なものが入っておらず、栄養価が高いので、毛並みや毛づやがキレイになります。

上記のことを考慮しつつ、「食餌」を見直してはいかがでしょうか。