愛犬健康.com

グレート・ピレニーズの飼い方

犬にはさまざまな犬種が存在します。飼い主の方やこれから犬を飼おうと考えている方は、その犬の特徴を把握しておくが、病気やケガなどの予防につながります。

今回は犬種の一種である「グレート・ピレニーズ」についてお話しします。

グレート・ピレニーズの飼い方

グレート・ピレニーズの特徴

グレート・ピレニーズは、ピレネー山脈で護衛犬として活躍していた大型犬です。まるでくまのように大きく、真っ白でふわふわな被毛が特徴で、チベタン・マスティフが祖先だと言われています。

毛色は、ホワイト、ホワイトにグレー、アナグマ色、赤茶色、タンの班などがあります。

お手入れ方法

被毛が長く、もつれやすいので毎日のブラッシングが欠かせません。コームやピンブラシで丁寧にブラッシングしてあげましょう。特に換毛期は、大量の抜け毛が出ますのでこまめに毛を取ってあげて下さい。また、よだれも多いので口の周りは丁寧に拭いてあげましょう。

特別なトリミングは必要ありませんが、超大型犬なのでご家庭でシャンプーされるのはかなり体力がいります。その為、ペットサロンにお願いする方も多いようです。

性格

温和で我慢強い性格です。しかし、かつては護衛犬として活躍していたので見知らぬ人に警戒心を怠りません。時に攻撃的になることもあるので、仔犬の頃からしっかりとしたしつけが重要です。間違ったしつけをしてしまうと、成犬になった時に手に負えなくなってしまいます。また、他の犬とはあまり友好的ではありませんが、小さな子供には寛容に接することができます。

最適なお散歩方法

大型犬なので、多くの運動量を必要としますが、グレート ピレニーズはあまり積極的にお散歩に行きたがらない事があります。しかし、健康のためにも運動は必要なので、お散歩に飽きないようにコースを変えたりしながら、1日1回、1時間程度、ゆっくりと歩いてお散歩に行きましょう。また、暑さに弱いので、夏の暑い日のお散歩は涼しい時間を選んであげて下さい。

グレート・ピレニーズを飼う注意点

グレート・ピレニーズがかかりやすい病気に、股関節形成不全があります。股関節形成不全とは、股関節の異常により、股関節に炎症がおこる病気です。ふらふらしたり、よろめいりして気が付くことがあります。原因は、先天的なものが多いのですが、肥満により股関節に負担がかかって発症することもあるので、肥満にならないように食事に気を付けることが大切です。グレート・ピピレニーズは、広いスペースの確保でき、体力に自信がある方に向いた犬だと言えるでしょう。

キレイな被毛にするためにも食餌に気をつけましょう

被毛に最も影響するのは、「食餌」といわれています。人間食や市販のドッグフードを与えていると、添加物など犬によって有害になるものが含まれている可能性があるので、キレイな被毛にするには、難しいでしょう。

キレイな被毛にするには、獣医師がすすめるドッグフードを与えることをおすすめします。獣医師がすすめるドッグフードには、余計なものが入っておらず、栄養価が高く、整腸作用があるので、キレイな被毛になり、健康体になります。

愛犬のためにも、上記のことを考慮しつつ、「食餌」を見直してあげましょう。