愛犬健康.com

ヨークシャー・テリアの飼い方と注意点

犬は日本古来ものや外来種など、さまざまな犬種が存在します。その犬種に合った飼い方をしないと、犬が病気やケガを負う可能性があります。そのため、犬を飼う、または飼っている場合は、その犬の特徴を把握しておいたほうがいいでしょう。

今回は犬種の一種である「ヨークシャー・テリア」についてお話しします。

ヨークシャー・テリアの飼い方

ヨークシャー・テリアの特徴

ヨークシャー・テリアはイギリス原産の小型犬で、テリア系の小型犬と、マルチーズを掛け合わせてできた比較的新しい犬です。シルクのようなつやのある美しい被毛が魅力的で、その気品ある姿は「動く宝石」と言われるほどです。

被毛の色は、仔犬の時は真っ黒ですが、生後3~4ヶ月ごろになると褐色に変化し、大人になるとダーク・スチール・ブルーとタンの2色になります。

お手入れ方法

ヨークシャー・テリアの被毛は伸び続けるので、ペットサロンでトリミングして貰うのが一般的です。美しく長い被毛を保つ為には、ご家庭では、毎日のブラッシングが大切です。あまり抜け毛はありませんが、毛玉ができやすいので優しく丁寧にブラッシングしてあげましょう。

シャンプーは2週間に1回程度が適当です。

性格

活発で好奇心旺盛、飼い主に従順です。また、テリア種らしく、警戒心が強く勇敢な一面もありますのでよく吠える事もあります。しかし、賢い犬なので、叱るときは叱り、よくできたら褒めてあげるようにしっかりと教えてあげれば、しつけは難しくないでしょう。

最適なお散歩方法

長時間のお散歩は必要ありません。しかし、お散歩は運動目的以外にも、ストレス解消や飼い主さんとのスキンシップにもなります。また、他の犬と触れ合ったりいろいろな音に慣れたりして、社会性を身に着けるためにも大切なので、1日1~2回10分程度のお散歩にでかけましょう。

ヨークシャー・テリアを飼う注意点

ヨークシャー・テリアがかかりやすい病気に、膝蓋骨脱臼という膝のお皿がずれて脱臼しやすくなってしまう病気にも注意があります。これは、先天的なものもありますが、高いところからジャンプしたり、転倒したことが原因になることもあるので、無理なジャンプをさせないようにしたり、滑りやすいフローリングにはマットを敷いたりして工夫してあげて下さい。

また、ヨークシャー・テリアはとても華奢なので、少しの衝撃がけがにつながります。小さな子供が触る時は座って抱っこするように習慣づけましょう。

毛並みや毛づやをキレイにするには食餌を

ヨークシャー・テリアのように毛並みや毛づやがキレイな犬種は、特に被毛に気をつけなければなりません。

毛並みや毛づやをキレイにする方法は、良質な「食餌」を与えてあげることです。その良質な食餌を選ぶなら、獣医師がすすめるドッグフードがおすすめです。獣医師がすすめるドッグフードは、犬にとって有害になるものが含まれていない上に、栄養価が高く整腸作用があるので、毛並みや毛づやがキレイになることはもちろん、健康も守ることができます。

上記のことを考慮しつつ、愛犬のための「食餌」を考えてあげましょう。