愛犬健康.com

ミニチュア・ブル・テリアの飼い方と注意点

犬は日本古来のものや外来種など、さまざまな犬種が存在します。その犬種によって飼い方を異なります。飼い主の方やこれから犬を飼おうと考えている方は、その犬の特徴を把握し、病気やケガから守ってあげましょう。

今回は犬種の一種である「ミニチュア・ブル・テリア」についてお話しします。

ミニチュア・ブル・テリアの飼い方

ミニチュア・ブル・テリアの特徴

ミニチュア・ブル・テリアは、ブル・テリアから闘犬として作られ、外見はブル・テリアにそっくりなイギリス原産の犬です。がっしりとした筋肉質な体を持ち、どこかおどけたような愛嬌のある顔が特徴です。

毛色は、ホワイト、ブリンドル、ブラック、レッド、フォーン、トライカラーなどがあります。

お手入れ方法

被毛が短く、体臭も少ないのでお手入れは簡単です。時々ブラッシングしてあげたり、汚れたら濡れたタオルで拭いてあげると良いでしょう。シャンプーは月に1度くらいが適当です。また、仔犬のころからお手入れに慣らしておかないと、成犬になってからとても嫌がりペットサロンにお願いすることも、ご家庭でシャンプーすることも難しくなってしまいます。

性格

飼い主には忠実ですが、元々は闘犬だった為、闘争心が強く攻撃的な面がありますので、しつけは大変重要です。噛む力も強く、間違ったしつけをしてしまうと手に負えなくなってしましますので、専門家の力も借りながら、しっかりと訓練しなければなりません。

最適なお散歩方法

長時間のお散歩は必要ありませんが、適度な運動は必要です。1日1回、1時間以上はお散歩させましょう。ドッグランなども良いですが、興奮すると制御が利かなくなる所があるので他の犬と触れ合う時は注意が必要です。また、お散歩の際も他の犬や子供に飛びついて行かないように注意しましょう。

ミニチュア・ブル・テリアを飼う注意点

ミニチュア・ブル・テリアがかかりやすい病気に、カビ、ダニ、食べ物が原因のアトピー性皮膚炎があります。また、ペットフードなどによるアレルギーを起こすこともあります。体を痒がったり、皮膚が赤くなったりする症状が出た場合は獣医師に診てもらいましょう。

ミニチュア・ブル・テリアは、誰にでも簡単に育てられる犬ではありません。飼い主さんが知識と、心構えをしっかりと持って環境を整えてあげましょう。

良質な食餌で健康を守る

犬は人間と同様に、良質な食餌をすれば健康体を維持できます。犬にとって有害になるものが含まれている食餌を与えていると、なんらかの病気を発症する可能性があります。

良質な食餌の選ぶなら、獣医師がすすめる食餌がおすすめです。獣医師がすすめるドッグフードには、有害なものが含まれていない上に、栄養価が高く吸収率が良いので、健康を守ることができます。また、整腸作用があるので、毛並みや毛づやがキレイになります。

上記のことを考慮しつつ、愛犬のための「食餌」を考えてあげましょう。