愛犬健康.com

ミニチュア・シュナウザーの飼い方と注意点

犬はさまざまな犬種が存在し、その犬種に合った飼い方をする必要があります。間違った飼い方をすると、その犬が病気やケガを負う危険性があります。そのため犬を飼う際は、その犬の特徴を把握し、愛犬を守ってあげましょう。

今回は犬種の一種である「ミニチュア・シュナウザー」についてお話しします。

ミニチュア・シュナウザーの飼い方

ミニチュア・シュナウザーの特徴

ミニチュア・シュナウザーは、農場のネズミ退治のためにつくられたドイツ原産の犬です。3種類のシュナウザーの中で一番小型で、スタンダード・シュナウザーやアーフェンピンシャー、プードルを掛け合わせて作られました。

特徴的なのは、ふさふさとした眉毛と立派なひげです。がっちりとした体格で、小柄ですが筋肉質な体をしています。

毛色は、ソルト&ペッパー、ブラック&シルバー、ブラック、ホワイトがあります。

お手入れの方法

ミニチュア・シュナウザーのお手入れは、定期的にペットサロンでトリミングして貰うことが一般的です。特に、目の上の被毛は伸びすぎると目を傷めることもあるのでこまめにカットしてあげましょう。

ご家庭でのお手入れは、毎日のブラッシングで、体についた汚れやほこりを取って皮膚を清潔に保ちましょう。

また、口の周りは汚れがつきやすいので、食後には食べかすをきれいに拭いてあげて下さい。

性格

独特のトリミングで、一見気難しそうに見えますが、実は友好的で好奇心旺盛、元気いっぱいな犬です。好奇心旺盛なのでものをかじったりひっかいたりといたずらする事もあるので、飼い主さんが、大切なものは触れないところに置くなどして環境を整えてあげましょう。少々頑固なところもありますが、物覚えが良いのでしつけは難しくありません。

最適なお散歩方法

とても活発でエネルギッシュな犬なので、室内での遊び以外にも運動が必要です。1日2回、30分程度のお散歩に出かけましょう。お散歩は、肥満予防だけでなくストレス解消や、飼い主さんとのスキンシップにもなります。

また、他の犬と触れ合ったりいろいろな音に慣れたりして、社会性を身に着けることも大切です。

ミニチュア・シュナウザーを飼う注意

ミニチュア・シュナウザーがかかりやすい病気に、尿石症があります。これは、尿の中の成分が固まって石になり、尿が出にくくなったり膀胱炎になったりする病気です。血尿が出たり、トイレに行く回数が増えたりした時はお医者さんに診せましょう。原因は、体質が関係していると言われていますが、予防としては水をたくさん飲ませたり、トイレを我慢させないようにして下さい。

ミニチュア・シュナウザーは運動が大好きな犬なので、室内の広いスペースや運動時間を確保でき、一緒に遊ぶ事が好きな方におすすめの犬です。また、トリミングでおしゃれできるのも楽しみの一つになるでしょう。

食餌で健康的な身体にしましょう

健康的な身体にする方法は、良質な「食餌」を与えることです。良質な食餌とは、添加物など犬にとって有害になるものが含まれておらず、犬に必要な栄養素が豊富なものです。

もし、良質な食餌を悩んでいる場合は、獣医師がすすめるドッグフードがおすすめです。獣医師がすすめるドッグフードは、上記のような栄養素や、整腸作用があるので、愛犬が健康的になります。

上記のことを考慮しつつ、愛犬のための「食餌」を考えてあげましょう。