愛犬健康.com

愛犬の散歩コースを毎回変えることがストレス減少に?!

元来、犬は人間の狩猟のサポートしてきました。そのため、活発的な行動をする動物です。そのため、狩猟が少なくなってきてから、散歩の方法にも工夫が必要です。

今回は適した散歩方法の一つである「散歩ルートを毎回変える」ことについてお話しします。

散歩の役割

私たち人間は、脳への刺激が足りず退屈な状態が続くと、ストレスがたまり、心身の不調の原因となります。犬も同様です。

人間ならば、室内にいても、テレビや本やインターネットで情報収集ができ、電話などで他者と交流も行えます。しかし、犬の場合は、いつも決まった室内や庭先で過ごすだけでは刺激不足です。犬は、散歩に出かけてこそ、においを嗅いだり、ほかの犬とふれ合ったり、景色を見たり、運動をして刺激を得られるのです。また飼い主の方との大切なコミュニケーションの時間でもあります。

いつもの散歩よりもストレス解消の効果が高められ、心身の健康を促進することもできます。

犬の大きさ関係なく散歩は必要

散歩が犬の探究心や運動欲求など、さまざまな欲求を満たすという役割の大きさを考えれば、小型犬だから散歩は不要とはいえません。

小型犬は狩猟に向いていない犬種だっため、体力的な面からは長時間の散歩は必要ないかもしれません。しかし、頭の運動のためには、犬の大きさ、年齢にかかわらず、できるだけ毎日の散歩に連れていくことが望ましいでしょう。

散歩コースを毎日変える

犬とっては、1日に1~2回しかない刺激的な時間が散歩です。毎回コースが同じでは、道やにおいをおぼえてしまうので、犬がそれほどワクワクできません。目からの刺激である景色と、犬にとってはもっとも楽しみな鼻からの刺激であるにおいも、毎回違うほうが頭の運動には効果的です。刺激が少ないことによるストレスを軽減できるほか、脳への刺激は認知症の予防にもなるといわれるので、複数の散歩コースがあると理想的です。散歩道が少ない場合は、逆回りをしても効果的です。

散歩は楽しみながらしましょう

犬は人間の感情を読み取ることができるといわれています。なので、散歩が面倒だと思ったりなど不快な気持ちで行くと、愛犬にも伝わってしまい、愛犬にとって楽しい散歩がつまらなく感じてしまいます。なので、散歩に行かれる飼い主の方は、楽しい気持ちで愛犬と散歩しましょう。そうすると、効果的な散歩になります。