愛犬健康.com

ストレスが減少する愛犬の散歩ペースとは?!

元来、犬は人間の狩猟のサポートしてきた活発的な動物です。しかし、その狩猟が必要にならくなった現代において、散歩が犬にとって大切な運動になります。

今回はその散歩の適した方法の一つである「ペースの強弱をつける」ことについてお話しします。

散歩の必要性

人間も犬も、脳への刺激が足りず退屈な状態が続くと、ストレスがたまり、心身ともに影響が出たりします。人間の場合は、テレビや本やインターネットで情報収集ができたり、電話などで他者との交流ができ、外に出て色々な刺激を得られます。しかし、犬の場合は、室内や庭先で過ごすのがほとんどなので、刺激を得られる機会が「散歩」しかないのです。

犬にとって散歩は、においを嗅いだり、他犬との交流や、さまざまな景色を見たり、自由に運動ができたりするのです。また、飼い主の方との、大切なコミュニケーションの時間にもなります。

散歩の方法と変えれば、ストレス解消を高められ、心身ともに健康体でいられることもできます。

大きさ関係なく散歩は必要

小型犬だから室内だけでの散歩でも大丈夫と安心している飼い主の方が、ごくまれにいわっしゃいますが、それは違います。小型犬だろうと、大型犬だろうと、大きさ関係なく、散歩は必要です。刺激という意味では、大きさ関係なく刺激を得られるからです。頭の運動のためには、犬の大きさや年齢に関係なく、できるだけ毎日の運動が必要です。

異なるところは、散歩量だけです。

ペースは強弱をつける

電柱ごとににおいを嗅ぎたがる犬のペースに合わせていては、ダラダラと歩くことになり、身体の運動において効果が落ちます。人間でも、少し息がハァハァとするくらいの早歩きが有酸素運動になり、健康促進に役立つといわれています。なので、歩くペースとコースは、飼い主の方が主導で決めるようにしましょう。ときに早歩きをしたり、運動欲求が高い犬種などでは一緒に走ったりしましょう。

ずっと走るのは犬にとっても辛いだけなので、歩いては走ったり、歩いては走ったりなど休憩をはさみつつ、繰り返し行うことで、身体的にも精神的にも満足するようになります。

散歩は最低でも1日1回しましょう

上記のようなことから、犬にとって散歩はとても大切なことなのです。天候や健康状態など、さまざまな状況によって、散歩が難しいときがあるかもしれませんが、1日1回は最低でも散歩をしてください。

また散歩する際に、飼い主の方も楽しそうにしましょう。飼い主の方が面倒だと表情や感情に出すと、愛犬にも伝わってしまい、効果があまり得られません。なので、愛犬との絆を深めるためにも、楽しい表情で行ってください。