愛犬健康.com

愛犬の苦手なものからは避けた方が良い理由

犬は、人間の狩猟のサポートしていた動物なため、活発に行動するのを好みます。なので、狩猟をしなくなった現代において、重要になってくるのが散歩です。

今回はその適した散歩の方法の一つである「苦手なものから避ける」ことについてお話しします。

散歩の必要性

人間も犬も、退屈な日々を過ごしていると、脳への刺激が足りず、ストレスを抱えてしまい、体内バランスに影響を与えてしまいます。それが原因で、なんらかの病気を発症する可能性があります。人間の場合は、そういったことを防ぐために、テレビや本、インターネットなどのメディアから情報を取得したり、いろいろな場所に行き景色を見たり、携帯電話(スマホ)などで他者と交流したり脳に刺激を与えます。しかし、犬の場合は、室内や庭先など飼い主の近くで過ごすことが多く、刺激を得るには散歩しかありません。犬にとって散歩は、においを嗅いだり、他犬とコミュニケーションを取ったり、景色や物を見たり、運動ができるのです。また、飼い主の方とコミュニケーションが取れる大切な時間です。

その散歩の方法を工夫すれば、ストレス軽減ができ、さまざまな刺激を与えることができるます。

体格や年齢関係なく散歩は毎日必要

愛犬の体格や年齢を気にし、散歩をせずに室内だけで過ごそうと考えている飼い主の方がいますが、それは間違っています。犬は、体格や年齢関係なく、散歩をし、刺激を与えないとストレス軽減ができません。室内だけだと、普段見ている景色やにおいなので、刺激を得ることができません。なので、体格や年齢、悪天候でも、刺激を与えるためにも1日1回以上は散歩が必要です。

苦手なものからは避ける

子犬時代から、さまざなな経験をさせていないと、散歩中に苦手なものができてしまうケースがあります。成犬になってから無理に近づけると、散歩を嫌がってしなくなることもあります。

一番良い方法は、子犬時代からさまざまな経験をさせることですが、成犬になっている場合は、そうもいきません。無理に慣れさせようとすると、しつけと飼い主の方に嫌悪感を抱いてしまいます。なので、そういった場合は、無理に慣れさせるよりかは、その苦手なものを避けて散歩をしましょう。犬は、苦手なものから避ける習性があるので、成犬になってからその反応を示した場合は、散歩ルートを変えてあげましょう。

散歩は楽しく行いましょう

グルーミングでもそうですが、散歩も飼い主の方がリラックスした状態で行わないと、逆効果になることもあります。犬は表情やリードだけでも感情を感じ取れるといわれています。なので、散歩する際は楽しく行き、家に帰ったらなでてあげましょう。それが一番のストレス解消になります。