愛犬健康.com

愛犬のお座りのしつけ方法

犬にしつけをさせておくと、さまざまな病気やトラブルから守ることができます。逆を言えば、しつけを行っていないと、病気やトラブルが生じる可能性が高くなってしまうということです。

今回はそのしつけの一つである「お座りのしつけの方法」についてお話しします。

なぜお座りをしつける必要があるのか

犬は、もともと人間の狩猟などサポートする動物なため、活発に動きます。また、犬の性格にもよりますが、好奇心旺盛だと、目を離すとどっかに行ったりします。そのため、犬のお座りは、愛犬の突発的な行動を抑えるための役割がある、非常な大切なしつけの一つです。

散歩中に、他の犬とすれ違い、興奮状態になったり、発情期になると繁殖しようと積極的に犬に接触しようとします。そういったときにお座りのしつけができていると、防ぐことができます。

また、道路に玩具が飛び出してしまったときに、乗り物が来ているのに取りに行こうとするなどの事故を防ぐことができます。

お座りのしつけの方法

しつけは愛犬が嫌がっているのに、無理に続けようとすると、ストレスが溜まったり、飼い主の方に嫌悪感を抱いてしまいます。なので、愛犬の様子を見ながら、行いましょう。

それでは、順にそって、説明していきます。

ステップ①

まず、ご褒美を手に持ち愛犬の鼻先に近づけて与えます。飼い主が握られていると手には良いものがあると印象付けましょう。

ステップ②

愛犬が飼い主の手に執着するようになったら、今度はその手を犬の視線よりも高いところに上げてみましょう。愛犬はご褒美につられて上を向きます。首をそらせた状態は苦しいので、自然と腰を落としていわゆる「お座り」の状態になります。愛犬がお座りの状態になったら、ご褒美を与え、ほめつつ、軽く一回なでてあげましょう。

この動作を繰り返し行い、腰を落とすと良いものがもらえると学習させます。

ステップ③

腰を落とすと良いことがあると愛犬が覚えたら、次はそのお座りの行動と指示語を同時に行います。そうすると、腰を落とすことは「お座り」ということなのだと認識しはじめます。

この動作を繰り返し行い、飼い主からお座りと指示されたら腰を落とすと良いものがもらえると認識を強くします。

ステップ④

愛犬が指示語だけで、お座りをしはじめたら、少しずつご褒美をあげる回数を減らしいきます。最終的には、ご褒美がなくても、指示を出しただけでお座りをしてくれるのが理想です。また、ご褒美をあげなくても、ほめたり、なでてあげることはしてあげましょう。

お座りができると飼い主の方も鼻が高い

外で、指示しただけでお座りができるようになると、かしこく凛々しく見え、飼い主の方にとっても、鼻が高く嬉しいはずです。また、事故や他の犬とのトラブルを防ぐこともできるので、一石二鳥です。お座りはしつけしやすい方で、成犬になっていても覚えてくれるので、飼い主の方はぜひ実践してみてください。