愛犬健康.com

愛犬の待てのしつけ方法

しつけは犬にとって、必要不可欠なものです。そのしつけができれな、さまざまな病気やトラブル予防ができます。なので、飼い主の方はしつけを覚えさせたほうが、何かと良いでしょう。

今回はそのしつけの一つである「待てのしつけの方法」についてお話しします。

なぜ待てのしつけが必要なのか

待てのしつけは、飼い主が指示をし、その指示に対して解除されるまで、じっと動かなくなる状態のことで、愛犬の突発的な行動などを抑えることができます。

犬が突発的に行動し、飼い主の方だけでなく、第三者の方にも迷惑がかかってしまいます。しかし、待てのしつけができていれば、それらを未然に防ぐことができるのです。そのためにも必要不可欠なしつけともいえます。

待てのしつけの方法

しつけは、愛犬が嫌がっているのに、無理やり行うと、全てのしつけに対し嫌がるようになり、また飼い主の方にも嫌悪感を抱くようになります。なので、愛犬の様子を見て、その愛犬のペースでしつけをさせてあげましょう。

また、今回の「待て」は「お座り」のしつけができている前提でお話しします。

それでは、順にそって、説明していきます。

ステップ①

愛犬に対して「お座り」と指示を出し、お座りの状態にさせます。

ステップ②

お座りの状態になった愛犬から、1歩だけ離れます。愛犬が動かずに、じっとしていたら戻って、ご褒美を与え、ほめつつ、なでてあげましょう。

次に2歩離れてみましょう。犬が動かずにじっとしていたら、同様に、ご褒美などしてあげましょう。

そして、少しずつ離れていき、距離を伸ばしていきます。できたたんびに、ご褒美などをしてあげましょう。

愛犬は、じっとしていたらおやつなどをくれると学習し、徐々に待つことが苦痛ではなくなってきます。

もし愛犬が動いてしまっても、決して叱らないで下さい。飼い主の方に近づくこと自体が恐怖になってしまいます。また、飼い主の方が声を出してしまうと、離れても近づけば飼い主が近づいてくれると、逆の学習をしてしまいます。

ステップ③

愛犬が、待ての状態をある程度キープできるようになったら、今度は待ての状態と指示語を関連していると学習させます。

まず、愛犬にお座りさせます。そこで飼い主の方は、愛犬に向かって指示語を1回だけ出します。それからステップ②と同様に犬から1歩ずつ離れ、距離を伸ばしていきます。できたたんびに、ご褒美を与え、ほめつつ、なでてあげてください。

こうすることで、愛犬はじっとしていることが待てだと認識しはじめます。

ステップ④

愛犬が待てという指示語を覚えたら、今度は解除語を教えましょう。

愛犬にお座りさせ、「待て」と声をかけてから、徐々に離れていきます。愛犬がじっとしていたら、「よし」などと声をかけて、腕を広げて愛犬を誘ってみましょう。こうすることで、愛犬は「よし」という音声的な情報と、飼い主のところに近づいていってもいいという行動を認識しはじめます。これを繰り返すことで、解除語を覚えさせましょう。

ステップ⑤

「待て」と「よし」を飼い主の方の指示で従うようになったら、少しずつご褒美をあげる回数を減らしていき、ほめてなでててあげることで満足感を得られるようにしましょう。最終的には、いつでもどこでも、ご褒美なくほめるなどで、指示に従うことです。

待てを覚えると愛犬が利口に見える

待てとよしなどの指示語と解除語を覚えてくれると、第三者からすると、とても利口な犬に見えるので、飼い主の方の鼻が高くなるでしょう。また、リードや首輪が外れてしまったときに、指示を従う愛犬ならば、掛け声だけで行動してくれるので、突発的な行動をせず、事故を防ぐことができます。なので、飼い主の方は、子犬時代からしつけてみてもいいでしょう。