愛犬健康.com

愛犬の伏せのしつけ方法

子犬時代から、しつけをさせないと、成長したときなどに、なんらかのトラブルが発生する可能性があります。そのためにも、子犬時代からのしつけが大切です。

今回はそのしつけの一つである「伏せのしつけの方法」についてお話しします。

なぜ伏せのしつけが必要なのか

犬は、興奮状態になると、突発的な行動をとります。例えば、散歩中に、他の犬とすれ違ったときにあいさつがしたいために飛び出したり、犬用の玩具で遊んでいて駆け回ったりなど、飼い主の方の意図しない行動を取ることがあり、それらが原因でトラブルが発生することも少なくありません。

そういったトラブルを回避するためにも、「伏せ」のしつけができていると突発的な行動を抑えることができるので、予防になります。

伏せのしつけの方法

しつけをさせる際の注意点が、愛犬が嫌がっているのにも関わらず、無理やり行っていると、愛犬はしつけや飼い主の方に嫌悪感を抱くことがあります。なので、愛犬の様子を見つつ、愛犬のペースで行ってください。

また今回は、「お座り」のしつけができる前提でお話しします。

それでは、順にそって、説明していきます。

ステップ①

まずは愛犬をお座り状態にし、ご褒美を手に持ち愛犬の鼻先に近づけて与えます。飼い主が握っている手にはご褒美があると印象付けましょう。

ステップ②

愛犬が飼い主の手に執着するようになったら、今度はその手を愛犬の視線よりも低いところに下げてみましょう。愛犬はご褒美に釣られて下を向きます。そうすると自然と胸を地面につけていわゆる「伏せ」の状態になります。

愛犬が伏せの状態になったらご褒美を与え、ほめつつ、なでてあげましょう。こうした動作を繰り返し、胸を地面につけるとご褒美がもらえると学習させます。

飼い主の方が、足でアーチを作り、その下に愛犬を導くことで多少強引に伏せの姿勢を取らせる方法もあります。愛犬が伏せの姿勢をとらないときは、足でアーチを作り、その下からご褒美をちらつかせるのが効果的です。愛犬は伏せの姿勢をとらない限りご褒美にありつけませんので、自然と伏せ状態を作り出すことができます。愛犬の背中を強引に押さえつけるよりもストレスが少ないため、犬は楽しみながら動作を覚えることができます。

ステップ③

胸を地面につけるとご褒美がもらえると愛犬が覚えたら、次はその伏せの行動と、あらかじめ決めておいた指示語を関連していると意識させます。

ステップ②と同様に、ご褒美を愛犬の視線よりも低いところに下げ、愛犬の顔を下げさせます。その顔を下げて、胸を地面に付く直前に伏せと声を掛けてご褒美を与えます。この動作を何度も繰り返しましょう。 そうすると、愛犬は飼い主が伏せといった後に胸を地面につけるとご褒美がもらえると学習し、徐々に指示語と行動とが結びついてきます。

ステップ④

愛犬の中で伏せ行動と伏せという指示語が結びついたら、今度は指示語だけで伏せ行動を取らせて見ましょう。愛犬に対して伏せと指示を出します。犬が反射的に胸を地面につけたら、ご褒美を与え、ほめつつ、同時になでてあげます。

愛犬がキョトンとして理解していない様子だったらステップ③に戻り、行動と指示語の結びつきをもう一度学習させましょう。

ステップ⑤

指示をしただけで伏せをするようなったら、ご褒美をあげる回数を減らしていき、ほめるなどで愛犬が満足してくれるようにしましょう。常にご褒美を与えるてしまうと、肥満の原因にもなりかねません。

最終的には、いつでもどこでも出来るようになることなので、室内だけでなく、室外でも実践してみるといいでしょう。

伏せができる愛犬はかしこく見える

「お座り」と「待て」はごく一般的にしつける動作ではありますが、「伏せ」のしつけができている犬はそう多くいません。つまり、「伏せ」ができると、他者から見ると、すごくかしこく見えるので、飼い主の方は、鼻が高くなるでしょう。また、突発的な行動を防ぐことができるので、トラブルに見舞われる回数は、比較的に低くなるので、愛犬と長い時間過ごすことができます。なので、なにかとメリットが多い点から、しつけることをおすすめします。