愛犬健康.com

愛犬の出せのしつけ方法

子犬時代から行わないと成犬になったときに、なんらかのトラブルが生じる可能性があります。それは「しつけ」です。

今回はそのしつけの一つである「出せのしつけの方法」についてお話しします。

なぜ出せのしつけが必要なのか

犬は、異物だろうがなんでも口にしようとする習性があります。そのため、食べてはいけない有害なものを口にしてしまい、体内に影響を与え、なんらかの病気を発症したりします。また、飼い主や他人のズボンなどを噛み付いたまま離れなかったりなど、家族以外の人間にも迷惑をかけてしまいます。

なので、「出せ」というしつけがしてあれば、トラブルを未然に防ぐことができるので、必要なしつけなのです。

出せのしつけの方法

しつけをする前に、気をつけてほしいことがあります。それは、愛犬が嫌がっているのにもかかわらず、無理やり続けることです。これを続けると、愛犬がしつけや飼い主に嫌悪感を抱いてしまいます。

なので、飼い主の方は、愛犬の様子を見ながら、愛犬のペースで行ってください。

それでは、順にそって、説明していきます。

ステップ①

まず、愛犬に玩具など気になるものをくわえさせます。この状態からくわえている物を離す、出せのトレーニング開始ですが、最初は愛犬の執着心がそれほど強くないものを用いた方がよいでしょう。

ステップ②

物をくわえている愛犬の鼻先に、大好きなご褒美をちらつかせて見ましょう。すると愛犬はくわえている物を離してご褒美を食べようとします。そして、物を離したら、ご褒美を与え、ほめつつ、同時になでてあげます。

このトレーニングを繰り返すことで、愛犬に対して、ご褒美をくれるから離そうという学習させることできます。与えるご褒美は愛犬がくわえているものよりも、魅力的なものを選ぶようにしましょう。

ステップ③

愛犬がすんなり物を口から離すようになったら、次に物をくわえている犬の鼻先に犬の大好きなご褒美をちらつかせて、犬が物を口から離すときに、指示語を出します。そして、ステップ②のように、ご褒美を与え、ほめつつ、同時になでてあげます。こうすることで、「口から物を離す」という行動と「出せ」という音声的な情報が、愛犬に意識させることができます。

ステップ④

くわえている物を、口から離す行動と「出せ」という指示語を愛犬が覚えたら、 次はご褒美を見せずに、指示語だけで物を出すようにさせましょう。愛犬が指示通りにくわえている物を出したら、ステップ②のように、ご褒美を与え、ほめつつ、同時になでてあげます。そうすると、出せという言葉が出たら物を離せばご褒美がもらえると、学習してくれるようになります。

ステップ⑤

ステップ①~④を繰り返し行い、従うようになったら、少しずつご褒美をあげる回数を減らしていきましょう。毎回ご褒美を与えると、肥満になってしまいます。また、ご褒美をもらえないことに、不満を感じにストレスになってしまいます。

ステップ⑥

いつでもどこでもできるように、ステップ①~⑤を室外で行いましょう。そうすると、場所や時間に関係なく従うようになります。これが、最終的な目標です。

場所など関係なく、指示を聞いてくれるようになったら、もう安心です。

「出せ」は大切なしつけ

「出せ」のしつけは、とても大切なしつけです。しつけをしていないと、有害なものなのに離してくれるず、病気を発症してしまい、最悪の場合、命を落とす危険があります。また、無理に取ろうとすると噛み付かれる可能性があるので、覚えさせておきたいしつけの一つです。

飼い主の方は、しつけの注意点を把握し、行ってください。