愛犬健康.com

愛犬の抱っこのしつけ方法

子犬時代からしつけを覚えさせておくと、さまざまなトラブルを未然に防ぐことができます。成犬になってからしつけを覚えさせようにも、すでに習性ができているので、なかなか直すおことはできません。なので、習性がまだ出来上がっていない子犬時代が良いのです。

今回はそのしつけの一つである「抱っこのしつけの方法」についてお話しします。

なぜ抱っこのしつけの必要なのか

例えば、外出するときに自動車に乗っているときに、抱っこをしていると目が届くため、愛犬の様子が見れ、トイレや水が飲みたいなどのサインを飼い主の方が感じ取れるようになります。また、散歩中に、他の犬とすれ違い、その犬が攻撃的な場合、抱っこをしてあげることで、自分の愛犬を守ることができます。そのため、抱っこのしつけは必要なのです。

抱っこのしつけは、大型犬などにしつけても、飼い主の方が持ってあげることは重くて辛いので、小型犬限定です。

抱っこのしつけの方法

まず、頭に入れておいてほしいことが、しつけは愛犬が嫌がっているのに続けると、しつけにも飼い主の方にも嫌悪感を抱いてしまいます。

なので、飼い主の方は、しっかりと愛犬を観察し、愛犬のペースで行ってください。

それでは、順にそって、説明していきます。

ステップ①

ご褒美を手に持ち、愛犬の鼻先に近づけて与えます。飼い主の握ってある手にはいいものがあると印象付けましょう。

ステップ②

愛犬が飼い主の手に執着するようになったら、今度はその手を自分の膝に近づけてみましょう。愛犬はご褒美につられて、膝の上に乗ってきます。愛犬が膝の上に乗ったら、ご褒美を与えて、軽く抱きしめ、なでながらほめてあげましょう。

この動作を繰り返し行うと、膝の上に乗るとご褒美がもらえると学習させることができます。

ステップ③

愛犬が飼い主の膝の上に乗るとご褒美がもらえると学習したら、次は膝の上に乗るという行動と指示語とを意識させます。

ご褒美で愛犬が、飼い主の膝の上に乗る際に、抱っこと指示語を出します。そしたら、ステップ②のように、ご褒美を与えて軽く抱きしめ、なでながらほめてあげましょう。

このトレーニングを繰り返しましょう。愛犬の頭の中では、膝の上に乗るという行動と「抱っこ」という音声的な情報が結びついていきます。

ステップ④

飼い主の膝の上に乗るという行動と「抱っこ」という指示語を愛犬が覚えたら、次はご褒美を見せずに、指示語だけで行動を促して見ましょう。愛犬が指示通りに、飼い主の膝の上に乗ってきたら、ステップ②のように、ご褒美を与えて軽く抱きしめ、なでながらほめてあげましょう。飼い主の指示に従うとご褒美がもらえると学習するようになります。

ステップ⑤

ステップ②~④を繰り返し行って、学習させることができたら、少しずつご褒美をあげる回数を減らしましょう。これは、肥満予防と必ずご褒美がもらえると意識を失くすためです。

最終的には、なでながらほめるだけで満足感を得られるようにします。

ステップ⑥

室外や変則的に時間を変え、いつでもどこでも「抱っこ」ができるようにします。室外などでもできるようになれば、もう安心です。

抱っこは愛犬も落ち着く

抱っこの効果は、トラブルや病気の予防だけではありません。愛犬が飼い主と密着することにより、犬は幸福感を得ます。犬は、人間の聴覚の何倍もあるので、密着することにより、心臓の音を聞き取るができ、その心音を聴いて安心します。なので、愛犬と飼い主の方とのコミュニケーションにもなり、さらになついてくれるので、小型犬を飼っている方にはおすすめのしつけです。