愛犬健康.com

愛犬のリーダーウォークのしつけ方法

子犬時代からしつけをしていないと、なんらかのトラブルが生じたりします。ケガをしたり、病気を発症したり、グルーミングができなくなったりします。なので、成犬ではしつけを覚えてもらないケースがあるので、学習しやすい子犬時代にしつけをさせた方が良いのです。

今回はそのしつけの一つである「リーダーウォークのしつけの方法」についてお話しします。

なぜリーダーウォークのしつけが必要なのか

犬は、散歩中に他の犬とすれ違うと興奮状態になり、突発的な行動をしようとします。また、自由にさせると、飼い主の方の意図とは違う行動をしてしまうので、リードを引っ張ってしまい、首を絞めてしまうので、食道などを傷つけてしまいます。

そのため、愛犬の安全を守るためにも、飼い主の方から付かず離れず寄り添って歩く、リーダーウォークが必要になるのです。

リーダーウォークをしつける方法

まず実践する前に、飼い主の方に注意してほしいのが、しつけを愛犬が嫌がっているのにもかかわらず行うと、しつけや飼い主に嫌悪感を抱いてしまいます。

なので、飼い主の方は、愛犬の様子をしっかり観察し、愛犬のペースで行ってください。

それでは、順にそって、説明していきます。

ステップ①

まず、愛犬に首輪とリードを付けて自由に歩かせてみましょう。いきなり屋外に行くのではなく、まず真新しいものが少ない室内で行ったほうが、効率的です。

近くにあるものに興味を引かれてうろうろ歩いたり、しきりに地面のにおいを嗅いで立ち止まったりするかもしれませんが、これは犬にとって自然な行動です。この自然な行動を矯正して、人間社会のルールなじませるのがリーダーウォークの目的となります。

ステップ②

愛犬が好き勝手に飼い主から離れると、リードがピンと伸び、自動的に首に圧力がかかります。この不快感が十分強ければ、犬は苦痛から逃れようと引っ張りを自発的にやめてくれます。決して、飼い主の方が強引に引っ張らないでください。これが嫌悪刺激を提示することにより、行動頻度を少なくさせます。

しかし多くの犬は、探索欲求や対向反射が強く、多少首が苦しいくらいでは、引っ張りをやめてくれないことが多々あります。また、犬が中~大型犬の場合、立ち止まらせるだけでも一労です。そんなときに役立つのがヘッドカラーです。

ヘッドカラーを装着した状態で、引っ張れば引っ張るほど、犬は正面を向いていられなくなるため、ただ単に首を締め付けられるよりも、強い不快感を感じることになります。愛犬は次第に、無理やり引っ張っると嫌なことが起きると学習していきます。

ステップ③

リードを引っ張ることで不快が生じた愛犬は、不快が生じない位置を探して、飼い主の方の横に来るでしょう。そのときに、ほめつつ、同時にご褒美を与えます。これは、飼い主の横につくとご褒美がもらえると学習させることができます。

ステップ④

愛犬が、飼い主の方の横に寄り添って歩くことに慣れてきたら、今度は、歩く速度を変えたり歩くルートを変えてみましょう。ルートを変えると様々な刺激のある新しいものが、愛犬の気をひきつけるかもしれません。そうした状況の中でも、しっかりリーダーウォークができるように根気強く繰り返ししつけましょう。

ステップ⑤

ステップ①~④を繰り返し行い、覚えてきたら、少しずつご褒美をあげる回数を減らしていきましょう。これは、肥満予防や必ずご褒美がもらえるという意識を失くすために必要なことです。ただし、ちゃんとできたら、ほめつつ、同時になでてあげてください。

いつでもどこでも飼い主の方の横を、寄り添って散歩するようになれば、もう安心です。

障害物がないところでは自由にさせてあげよう

リーダーウォークはあくまで、障害物などのトラブルを予防するためのしつけです。もし、草原や海など、障害物があまりないところに行く場合は、自由にさせてあげましょう。犬も人間と同様に、自由気ままに行動したい動物です。なので、そういった場所では、自由にさせてあげ、飼い主の方は見てあげるか一緒に遊んであげてください。