愛犬健康.com

犬が抱えるストレスの要因

精神的なストレスが心身ともに悪い影響を与えるのは、人間も犬も同じです。人間の場合は、意思の疎通ができるため、ストレスの原因が分かりますが、犬の場合は、言語を話せないため、行動で判断するしかありせん。犬にとって、どのようなことがストレスになるか飼い主の方が理解していないと知らぬ間に、愛犬がストレスのかかる暮らしをしている可能性があります。

今回は、そのストレスの要因についてお話しします。

ストレスの4つの要因

①孤独を感じる

犬は社会性のある動物です。同じ群れの仲間である家庭を過ごすのが何よりの幸せを感じます。

大型犬だからとか多頭飼育だからといって、屋外で飼ったり、食餌と散歩とき以外は家族との交流がないようでは寂しさからストレスを抱える場合があります。できれば、どんな犬でも室内で家族の存在を感じられる環境で生活させてあげましょう。

かといって、すっとべったり一緒では、飼い主と離れたときに不安を感じてストレスになります。なので、独りでいる環境にも慣れさせるようにしましょう。

②刺激がありすぎて疲れる、怖い

犬もリラックスして過ごしたいものです。しかし、多様なものに慣れる経験を積まなかったことなどにより、経験不足になり怖いものが多くなります。そうなってしまうと、ちょっとした刺激に過敏に反応して逆に心身ともに疲れてしまったり、日々の暮らしにストレスを感じるようになり、身体に影響が出たりします。

③刺激が少なく退屈である

犬はもともと、人の仕事のパートナーとして活躍してきた動物です。犬種によって、狩猟のサポート役、家畜のまとめ役、農作物を荒らす害獣の駆除役など、仕事を行っていました。

つまり、動物の中でも活発に動く生き物だということです。

現代は狩猟などする環境が少なく、そんな犬たちが今では刺激のない室内で、仕事もなく1日だらだら過ごしているのは生活に物足りなくなりストレスになります。

④飼い主の方がが苦痛を与える

犬が飼い主の方よりも、上位に立とうして問題のある行動に出るとされる「権威症候群」や「アルファ症候群」というような理論は否定されつつあります。犬が飼い主の要求に対して反抗的な態度を取るのは、犬も自分の要求を犬なりに主張しているからだと言われています。

言うことを聞かないからといって、犬に体罰や苦痛を与えてはストレスにもなり、また信頼関係を壊してしまいます。

4つの要因に注意すること

飼い主の方は、愛犬にストレスを与えないようにも4つの要因を理解しておきましょう。ストレスが原因で、なんらかの病気を発症する可能性もあるからです。

犬は言葉を発していなくても行動などで示してきます。その行動をよく見て、明らかに不振な動きをしている場合は、愛犬になんらかのストレスを与えている可能性があるので、生活環境を見直してみましょう。