愛犬健康.com

飼い主の方でも分かる犬のストレスサイン

人間以外の動物は言葉を発することができないため、意思の疎通が難しいです。犬も同様です。しかし、犬は人間と長くつき合ってきた動物なので、犬が抱えているストレスを理解することはできます。その方法は、犬のストレスサインです。

今回はそのストレスサインについてお話しします。

犬の6つのストレスサイン

①吠える

運動欲求や作業欲求などが満たされず、エネルギーが有り余っているときに吠えたり、刺激物への恐怖心などから吠えたりします。また、飼い主がいなくなったり、いつもあるものがなくなると不安感から吠えるケースも見られます。知らない人が来たときなどに不安感から吠えたりし、警戒しますが、この行動も要因の一つになります。

②足先を舐める

退屈なときに犬が取る行動のひとつです。前足の先が多いですが、ほかの部位でも、毛が抜けるまで舐め続けることもあります。この行動が続く場合、炎症が起きたりする犬もいます。

③身体をぶるぶる振る

緊張しているときに見られる行動です。ほかの犬が苦手なのにドッグランに連れて来られたときや、知らない人が多い場所に来たときなどに、身体を何度も振っている場合があります。

④自分の尻尾を追う

尻尾を追いかけてグルグル回る行動なども、退屈が原因で現われる行動の一つです。異常な頻度や持続時間で繰り返し起こる場合は、「常同障害」と呼ばれて、獣医師の治療が必要になることもあります。

⑤あくびをする、後ろ足で身体をかく

したくないことをしなければならないとき、いたくない場所にいなければならないなど、緊張を強いられているときや、葛藤があるとき見られます。緊張をほぐし、リラックスを促す効果があるようです。犬の普通の行動だと間違われるケースが多いですが、回数があまりにも多いとストレスサインの可能性があります。

⑥地面のにおいを嗅ぎ続ける

緊張から来るストレス行動の一つです。外出先やドッグランなどで気持ちが落ち着かずに、ずっとにおいを嗅ぎ続けることもあります。その行動は自分や家族においがないとき、その環境に慣れるためにするためだといわれています。

6つの要因は普通の行動に見えてしまう

6つの要因は、犬の普通の行動に見えますが、その行動があまり多いとなると、それはストレスサインになります。注意して観察していないと分からないことですが、理解しているとすぐに分かります。もし上記のサインを出した場合は、ストレスになっている証拠なので、対処しましょう。