愛犬健康.com

頭を使わせて犬のストレス軽減

犬は言葉を発することをしないため、なんらかの原因でストレスを抱えることがあります。しかし、そのストレスを和らげる方法があります。

今回はそのストレスを軽減する方法の一つを紹介したいと思います。

頭を使わせてストレスを軽減する

良好的に頭を使わせる方法が3つあります。順に説明してきます。

①鼻を使う遊びをする

おやつを室内のあちこちに隠して、それを「探せ!」の合図で犬に嗅覚を使わせて探させる方法です。犬は嗅覚で情報を取得することができます。その嗅覚で、情報を取得する行為は、頭脳を刺激することになるので、ストレス軽減ができます。

麻薬犬などの嗅覚を使って人間の仕事をサポートしている犬は、見つけたときにご褒美がもらえることはもちろん、頭脳を刺激するので遊びの一種にもなっているのです。

②トレーニングをする

犬が成功したらご褒美をあげるようなトレーニング方法です。これは、しつけを覚えますし、飼い主の方も楽しく遊べます。注意してほしいのが、しつこいトレーニングや叱る、ご褒美をあげないなどの行為は、逆効果になり、ストレスを与えてしまいます。

③知育玩具で遊ばせる

多種多様な知育玩具があるので、それで遊ばすと犬は頭の刺激になり、ストレス軽減ができます。しかし、犬も人間と同様で同じ玩具で遊び過ぎるとと飽きてきます。なので、一定期間が過ぎたら、玩具を新しくすることをおすすめします。

なぜ頭を使わせるストレス軽減になるのか

犬種のほとんどは、人間の仕事のパートナーとして作出されました。犬は、頭を使うことや運動に対する高い欲求を持っています。なので、しつけを覚えさせたりする行為は、犬にとって頭を使うことにもなりますし、飼い主の方にとっても良いことなので、まさに一石二鳥なのです。

室内飼育がストレスになることも

愛犬だからと室内で飼うケースが多くなっています。そのため、頭を使う機会も少なくなってしまい、ストレスを感じている犬も多くいます。退屈であることが原因のストレスを取り除くために、自宅でもトレーニングを行ったり、犬用の玩具を活用して、頭脳を刺激することを良いでしょう。

頭はかしこくなるので一石三鳥

頭脳を使う行為は、犬もかしこくなりますし、ストレス軽減にもなり、ストレスによる病気を発症しなくなるなど、一石三鳥です。なので、飼い主の方は、上記の3つの方法で、ストレス対策をしてあげてください。