愛犬健康.com

愛犬の歯磨きで虫歯の予防

犬は人間と違い、自ら歯磨きを習慣がありません。なので、必然的に飼い主の方の歯磨きが必要です。

今回はその歯の病気を予防する「歯磨き」についてお話しします。

犬は歯の病気が最も多く発症する

犬は自ら歯磨きをする習慣がないため、歯が病原菌だらけになり、なんらかの病気を発症します。その中でも、歯周病はトップ1を占める病気です。

犬は人間と違い、歯はそんなに重要ではありません。食べ物が飲み込める大きさであれば、飲み込んで栄養を吸収できるからです。しかし、病気の症状がひどくなり、歯が抜けたり、抜け落ちたりすると、食べ物を最低限の大きさにもできなくなってしまいます。そうなると、飼い主の方が飲み込める大きさに調整しないといけなくなります。

歯の病気の要因は歯石

歯の病気の最大の原因は歯石です。歯石は食べ物のカスなどが石炭化したもので、身体にとって大変有害な物質です。歯石は初めは柔らかいのですが、どんどん固くなり、徐々に広がり、歯肉を圧迫するようになります。そうなると、歯周病や歯肉炎を引き起こし、食欲低下を起こし、身体が衰弱していきます。また、歯だけでなく、臓器にも影響を与えます。例えば、肝臓に入ると肝炎、腎臓に入ると腎炎、骨に入ると骨髄炎などです。

子犬時代から歯磨きを慣れさせる

犬は、成犬なってから歯磨きをすると嫌がり、歯磨きをさせてくれません。なので、子犬時代から歯磨きのトレーニングをして、慣らしておくとが大切です。子犬時代から歯磨きのトレーニングを行えば、習慣になり、成犬になっても、素直に歯磨きをさせてくれるようになります。

歯磨きを慣れさせる方法

ステップ①

子犬時代から口の周りを、おやつなどのご褒美を見せながら触れます。触らしてくれたら、ほめて、ご褒美をあげましょう。

ステップ②

犬用のデンタルジェルやおいしそうなペーストを指や歯ブラシやガーゼにつけて、歯に触ります。触らせてくれたら、ほめて、ご褒美をあげましょう。このときはまだ、ブラッシングになれていないので、ブラッシングはしないでください。

ステップ③

ご褒美を見せながら、ジェルなどをつけた歯ブラシを歯1本だけを1~2秒だけブラッシングします。前歯や犬歯の表面など、ブラッシングしやすい場所からスタートしてください。上手にできたら、ほめて、ご褒美をあげましょう。

ステップ④

1本ずつ数秒間ブラッシングをして、そのたびに少しだけご褒美をあげましょう。徐々に、ブラッシングする本数を増やしていきましょう。

ステップ⑤

本数が増えてきたら、ブラッシングする範囲を広げ、左右や表裏など、歯一本一本を丁寧に行います。終えた段階で、ほめて、ご褒美を与えましょう。

ステップ⑥

ステップ①~⑤を繰り返し行うと、習慣になり、ブラッシングを嫌がらなくなります。そうすると、もう安心です。ちなみに、飼い主の方が愛犬と楽しく行うとヒーリング効果があるといわれているので、飼い主の方は笑顔で楽しくブラッシングしてあげましょう。

歯磨きは毎日行い予防しましょう

犬は人間と同様で、毎日歯磨きをしてあげることが一番の病気の予防になります。そのためにも、歯磨きのトレーニングを子犬時代から行い、慣れさせてあげましょう。予防することは、愛犬と少しでも長く一緒に過ごすために必要不可欠な要素なので、飼い主の方は上記のトレーニングをぜひ実践してみてください。