愛犬健康.com

犬の正しいシャンプーのやり方

犬は人間と違い、皮膚の免疫力が弱いため、間違ったシャンプーを行うと、炎症やなんらかの病気を発症する可能性があります。

今回はそのシャンプーの正しいやり方をお話しします。

なぜ正しいやり方が必要なのか

犬の皮膚は人間と違い、弱い性質です。そのため、被毛で覆われているのです。しかし、そのことを知らず、洗えばいいと思っている飼い主の方が多く、間違った洗い方でシャンプーをし、炎症や皮膚病を発症してしまった事例があります。なので、適切な頻度で正しい洗い方で身体を洗ってあげましょう。

犬の正しい洗い方

シャワーヘッドを身体に密着させる

シャンプー前に、ブラッシングや、足裏の毛などをカットしておくと汚れが落としやすくなります。シャンプー剤をつける前には、犬の身体を十分に濡らしておいてください。

お湯の温度は37~38度くらいが適温です。水分がしっかり行き渡るように、また、犬を怖がらせないように、シャワーヘッドは犬の身体に密着させます。嫌がる頭からではなく、まず背中からお尻にかけて濡らします。

また、鼻に水が入らないように、顎の下を片手で支えるのも大切です。目と目の間なども、水を垂らして問題はありません。

水を含ませたスポンジの使用もOK

シャワーを怖がる犬や、犬が苦手な頭部などは、スポンジを活用しても大丈夫です。水分をスポンジに含ませたら、怖がらないように様子を見ながら水分を垂らしていきます。目と目の間は、くるくると円を描くように指をまわして水分をが行き渡るようにします。シャワーヘッドを使う際と同様に、犬の鼻の中に水が入らないように、顎を片手で支えておいてあげてください。

シャンプーの原液はボトルで適量を

犬用のシャンプー剤は、希釈して使用するタイプが少なくありません。希釈しないタイプのものも含めて、シャンプー剤を犬の身体に直接つけて泡立てるのでは、犬の皮膚に負担がかかります。

なので、食器用洗剤の空ボトルなどに、シャンプー剤と水を入れてよく振り、ある程度泡立ててから使用するのが良いでしょう。シャンプー剤に水を混ぜたまま時間が経過すると品質が落ちるため、次回のシャンプーまでの作り置きはせず、その都度適量分を作ってあげてください。

地肌を揉むようにして洗う

犬は全身を被毛で覆われているため、被毛をきれいにしようと泡で包みたくなり、またそれが正しいやり方だとカン違いしてしまうケースがあります。しかし、人間と同じように、シャンプーの役割は、地肌を洗浄するものです。ボトル入りの希釈した旬プー剤を背中に垂らしたら、爪を立てず、指の腹でマッサージをするようにして泡立てましょう。その泡を全身に延ばすようなイメージで、シャンプーを進めるのが正しいやり方です。

背中の泡を頭部に移す

シャンプーのコツは、犬の背中で十分に泡立てた泡を使うことです。頭部も例外ではありません。

背中の泡を、シャンプーを行う人の手に集めたら、すくうような格好で頭部に持っていってください。指先にその泡を揉むようにして、鼻先に向かってシャンプーをします。

顎は、首元の泡を同じようにして持ってきて洗いましょう。

顔を上に向けて洗い流す

顔まわりは、シャンプー後にすぐ洗い流しましょう。手際よく、サッと流すのがポイントです。このとき、顔を上に向けて、鼻に水が入らないようにしてください。

目や耳に水が入ることは、気にする必要がありません。

忘れやすいポイントを洗い流す

飼い主の方が洗い残しをしやすいところは、耳の付け根、脇の下、足先、脚の付け根、尻尾の付け根です。これらは汚れがたまりやすい部分でもあるので、忘れずにしっかり洗いましょう。また同時に、すすぐ際も忘れやすいため、意識して念入りに流すようにしてください。

すすぎも、シャワーヘッドを犬の身体に近づけて行います。胸部や腹部は、人が前肢を持って犬をバンザイさせるやりやすくなります。

目や耳の中に水が入っても問題なし

すすぐ際、目や耳に水が入るのを恐れる必要はありません。それよりも、シャンプー剤やリンス剤が、目元や耳の内外に残るほうがが有害です。残ったシャンプー剤によって、犬が皮膚炎を発症する危険性もあります。

犬は耳に専用洗浄液を入れて掃除することでも分かるように、人間と犬では耳道の形状が違うため、たとえ耳に水が入ったとしても、ブルブルと頭部を犬自身が振れば水分が排出されるので安心してください。

8つのポイントを守って予防してあげましょう

上記にあるように8つのポイントを守って、洗ってあげましょう。また、洗い過ぎ、洗わな過ぎだと、なんらかの皮膚病を発症してしまうので、注意してください。

適切な頻度、洗い方で、しっかりと予防してあげましょう。