愛犬健康.com

犬の正しい乾かし方で病気予防

犬の皮膚は繊細で、正しいシャンプーや乾かし方をしないと、なんらかの炎症を引き起こす可能性があります。

今回はその犬の正しい乾かし方についてお話しします。

ちゃんと乾かしてあげないと皮膚病を発症する

犬の肌は敏感なため、適切なシャンプーをしたとしても、しっかりとした乾かし方をしないと皮膚病を発症する可能性があります。

よく見られるのが、天気や温度が良いからといって、自然乾燥をさせたり、中途半端に乾かすなどの間違った乾かし方をしている飼い主の方がいらっしゃいます。完全に乾かしきれていないと、皮膚が弱いままなので、とても危険です。

正しい乾かし方

全身を十分にタオルドライする

すすぎのあとは、犬自身に何度も身体をブルブルと振らせましょう。その後、タオルドライを念入りに行います。犬の被毛の長さやサイズにもよりますが、タオルは1枚だけではなく、ある程度湿ったら乾いたものに取り換えて、何枚も使うと良いでしょう。タオルドライの際も、足先や尻尾や脇の下など、忘れずに拭ってください。タオルでまず、水分を可能な限り吸い取ることが大切です。

ブラシで被毛をほぐしながら乾かす

犬の被毛が長時間に渡って水分を含んだままでは、蒸れが生じて皮膚のトラブルの要因になることもあります。なので、自然乾燥や生乾きは避けるようにしてください。

ドライヤーを使用する際は、人の胸元に取っ手の部分を固定すると使いやすいでしょう。長毛の犬の場合は、ブラシで毛の1本1本をほぐしながらドライヤーの風をあてるものもポイントです。毛束をほぐさないままにしておくと、蒸れてしまい、皮膚病を発症する可能性を招くからです。

しっかりと乾かしてあげて予防しましょう

シャンプーなどを適切に行っても、完全に乾かしきれないと、結局のところ意味がなくなってしまい、むしろ皮膚病を招きます。それでは、予防の意味がありません。なので、飼い主の方は、上記のことを注意して、乾かしてあげてください。