愛犬健康.com

犬の耳そうじで病気予防

犬にとって、グルーミングは病気の予防策の一つです。なので、グルーミングを怠るとなんらかの病気を発症しやすくなります。

今回はそのグルーミングの一つである「耳そうじ」についてお話しします。

なぜ耳そうじが必要なのか

人間と同様で犬も、耳垢(みみあか)が溜まり、異臭を放ったり、炎症や耳疥癬などの病気を発症する可能性があります。そのためにも、定期的な耳そうじが大切です。

頻度としては、週に1~2回程度で、十分です。清潔感を保つことためのに、毎日耳の中をチェックすることは大切ですが、頻度多い掃除は逆に耳の中を傷つけてしまい、外耳炎を引き起こすことがあります。また、適切なやり方でそうじをしないと同様に発症する可能性があります。

耳そうじの注意点

耳のそうじをした際、洗浄液が耳の中に残ったままだと耳の中の湿度が上がり、外耳炎になりやすい環境を作ってしまうことになります。なので、耳そうじが終わった段階で、飼い主の方が、耳をタオルやガーゼでマッサージしながら拭い、犬自身にブルブルと顔を振らせて洗浄液を排出させましょう。

耳そうじの正しいやり方

耳はデリケートな場所なので、力の加減などに気をつけて行いましょう。適切なやり方を順に説明していきます。

ステップ①

耳の表面をまず、肉眼で見ます。茶色っぽい耳垢がついているようならば、コットンなどでやさしく拭います。犬用のイヤークリーナーをコットンに染み込ませても良いでしょう。

注意してほしいのが、耳の皮膚は擦れば擦るほど、傷が付いて外耳炎になる恐れがあるため、全部の汚れを無理に取ろうとしてはいけません。

ステップ②

とくに多湿な季節などは、月に1回くらい、犬用のイヤークリーナーを耳に入れてそうじをしてあげましょう。犬は人間と違って耳の内部がL字型になっているので、奥の汚れを通常の耳そうじで落とすことはできません。イヤークリーナーを入れたら、耳の根元を何度か揉みます。その後、犬自身がブルブルと顔を振る勢いで、水分が排出されます。老犬など、自分の顔を十分に振れない犬の場合は、獣医師に耳のケアをしてもらってください。

耳そうじは子犬時代から慣れさせましょう

極端に耳を触られるのを嫌がる犬がいます。そうなると、飼い主の方や獣医師でも耳そうじが困難になってしまいます。なので、飼い主の方は、子犬時代から定期的に愛犬の耳そうじを行うことをおすすめします。耳そうじが終わった後は、たくさんほめて、ご褒美をあげましょう。