愛犬健康.com

犬の足裏の毛と爪切りによる病気予防

グルーミングはさまざまな病気を防ぐ、とても大切な手入れです。そのため、グルーミングを怠ると、身体になんらかの異常をきたし、病気を発症する可能性があります。

今回はそのグルーミングの一つである「爪切り」と「足裏の毛のカット」による予防についてお話しします。

なぜ爪と足裏の毛のグルーミングが必要なのか

爪が伸びすぎると、歩行が困難になったり、身体のバランスが取りにくくなったりします。歩行や身体のバランスが正常ではないと、関節などを痛めたりする危険性が高まるため、「爪切り」のグルーミングが必要なのです。

足裏の毛の場合は、足の裏に毛が伸びすぎると、フローリングの床など滑りやすい床や地面で、滑って関節を痛めることがあるため、「足裏の毛のカット」が必要になります。

子犬時代から慣れさせないとストレスになる

子犬時代から「爪切り」と「足裏の毛のカット」を慣れさせていないと、成犬になった時に行おうとしても嫌がり、させてくれません。また、無理やり行っても、ストレスを抱えてしまい、極端に嫌がるようになります。なので、子犬時代から両方のググルーミングを行うようにしてください。

爪切りと足裏の毛のカットの適切なやり方

爪切りの場合

犬の爪の中には、血管が通っているので、血管を避けて爪切りをします。切り過ぎると出血するので、とくに爪が黒い犬では慎重に行ってください。

まず、犬の肉球を手でしっかり押さえて、指が動かないよう固定します。その後、ギロチンタイプの犬用爪切りを使って、少しずつ切ります。一気に切ってしまうと、誤って切り過ぎてしまう可能性があるので、徐々に切りましょう。

狼爪がある犬では、狼爪の切り忘れに注意してください。

また、頻度としては月に1回行うと良いでしょう。

足裏の毛のカットの場合

まず、しっかりと足裏を指で押さえて、ハサミで切ります。間違って肉球を傷つけないよう、刃の先端を丸く加工してある人間用の鼻毛切りバサミなどがおすすめです。そして、肉球がはっきり肉眼で見えるまで、切ってあげましょう。

トリマーなどはバリカンなどを使用しますが、飼い主の方が指導もなく、行うと、逆に肉球を傷つける可能性があるので、バリカンを使用する際は、指導を受けてから行いましょう。
また、頻度としては2~3週間に1回で十分です。

両方のグルーミングで予防を

「爪切り」と「足裏の毛のカット」は、病気の予防として、必ず行ってほしいグルーミングです。グルーミングを行うことは、少しでも長く一緒にいられることにもつながるので、飼い主の方は、怠らず行いましょう。また、グルーミングが終わった後は、たくさんほめて、ご褒美をあげましょう。